タモリさんが香取慎吾くんに“電話”について語る 「テレフォンショッキング批判か」の声も

140

6日放送の「ヨルタモリ」(フジテレビ系)で、タモリ(70)が“電話”について持論を展開。視聴者の間では、かつての国民的番組の人気コーナーをめぐって熱い議論が行われている。

この日のゲストはSMAPの香取慎吾(38)。トーク中、香取が電話番号を交換することがほとんどないと明かしたところ、タモリは「何をやってるか分からない相手に向かって電話をするってのは、大体おかしいですよ、これ」と自らの考えを披露。「電話するなら『電話する』って、前もって1本電話するとかね」とも語り、共演者を笑わせた。

タモリが32年間司会を務めた「笑っていいとも!」といえば、翌日のゲストに電話をかける「テレフォンショッキング」が代名詞だったが、そのタモリが電話批判とあって、ネット掲示板ではさまざまな議論が交わされている。<まさかのテレフォンショッキング批判><タモリが言うな>といった声が上がる一方、<これはテレフォンショッキングが前もってアポを取っていることを遠回しに言っている>と勘ぐるユーザーも。 実際、タモリは以前、エッセイストの阿川佐和子さん(61)との対談の中で、同コーナーの電話は番組スタッフが事前調整を行っていたことを明かしている。

情報源: 日刊ゲンダイ|タモリが“電話”に持論 「テレフォンショッキング批判か」の声も