スマイル 第3話

36

小指を繋ぐ赤いリボンって!
これ、花ちゃんにしか許されないわぁラブラブ
横断歩道で手を繋ぐ花ちゃん。
膝カックンする花ちゃん。
小学生にヤキモチやいてぷんぷんぶーな花ちゃん。
それ、どないやねん!ラブ
すごいね!
カワイイってすごいね!!
が、ちょっと垣間見た花ちゃんの境遇はとても理不尽な不幸を予感させる。
そんな花ちゃんが何故にあんなにアクティブ&スマイル娘なのか?
ビトへ向ける笑顔とスキスキ光線の影にあるものは何なのかっ!?
来週はこのあたりが解明されちゃうんだね。
ビトと花のシーンは恐ろしいほど可愛らしい。
あまりにカワイイので、穏やかで優しくて明るい場所に隔離したい気持ちになる(タビーランドとかどーです?)
辛いことだけは、もうたくさん経験したからね。
とにかくビトと花ちゃんには幸せになって欲しいんだよ!!悲しい
なのにそんな視聴者の心配をよそに、能天気に食中毒のお見舞いにおはぎを作る二人。
なんてすっとこどっこいな・・・
無垢で無知なビトと花。
これはね・・そーとー悲しいエピソードだね。
悪気なんて欠片も無いってとこが、とことん悲しい。
それは、ビトを拒絶したリナちゃんの母親もそう。
悪気なんて無いよ。
娘を守りたいだけだもの。
大人の男性でしかも東南アジア人に見えたら警戒するのは当たり前。
あのおばあちゃんの台詞もね。
リアルな畳掛けだと思う。
思ってても表に出さない日本人の差別意識は、何があれば表面化する。
で、ビトはきっとフィリピンのハーフだから拒否されたと思うんだろうな。
このドラマのテーマかどうかはわからないけど、少なくともビトの成長としてはここがテーマなんだと思う。
ビトが差別されるのは、フィリピンハーフだからじゃなくて、ビト自身の問題なんだってこと。
しかし、ビトって運の悪さに無知が重なるとどーなるか?っていう見本みたいだ。
やることなすこと裏目にでる。
不幸ってこういうことなんだろうなって思う。
どんなシチュエーションであっても、一番最悪な選択をする。
これだけはやっちダメ!ってことをわざわざしちゃう。
次々に襲い掛かる不幸は、誰のせいでもなく自分で招いちゃってる。
何より自分からドツボに嵌っていくパターンは、視聴者が一番イライラするのは鉄板だ。
勿論製作サイドはそんなことはわかってるはず。
つまり、ここまでを踏まえて”スマイル”は何を伝えたいのかがやっと来週から見えてくる(ハズ)。
さぁ!来週から逆襲のはじまりだ!!
楽しみー!
早く見たいー!
それにしても、松本潤のビトぐあいはなんなんだ?
どこを切ってもビトにしかみえない。
道明寺を感じさせないどころか、MJなことすら思い出させない。
今まで見たことない表情ばかりだ。
どこまでビトと一緒に成長するのか楽しみでしょーがない。
PS:キリエちゃん
そうなのよ!金ちゃんは未満都市のいじめっこなんだよ!
潤くんと1歳しか違わないって知って驚き!
モリってまじで小学生にしか見えなかったもんね冷や汗