ジャニー喜多川社長が語った「アイドルの結婚」

85

TOKIO国分太一(41)の結婚発表から一夜明けた12日、ジャニーズ事務所社長、ジャニー喜多川氏(83)が、アイドルの結婚について「自分の責任で、適齢期になったら遠慮なくするべき」などと語った。自身が作・構成・演出を手掛け、中山優馬(21)が主演するミュージカル「ドリームボーイズ」はこの日、東京・丸の内の帝国劇場で初日を迎えた。

ジャニー氏は「ドリームボーイズ」の上演直前に、穏やかな表情で、国分の結婚について語った。 「2、3日前、きちっと(結婚報告の)電話をいただいて、感動しました。おめでたいなと」 国分が妻となった元TBS社員(38)と約7年間、交際していたことについては「分からなかったですね。プライベートは根掘り葉掘り聞いたことがないですから」としながらも、祝福の言葉を重ねた。「国分は真面目でちゃんと仕事をやっています。(結婚は)当たり前だと思いますよ。良かったと思います」。

もっとも、アイドルの結婚は、ファン心理を考慮し、慎重にならざるを得ない現実はある。結婚を機に人気が低下するリスクも考えられる。アイドル王国、ジャニーズ事務所も既婚者が少ないのが現状だ。ジャニー氏も所属タレントの結婚について「(立場上)奨励するわけにはいかないけど」と前置きしたが、アイドルの自覚を持った上での結婚は促した。

「遠慮なく適齢期になったら結婚すべきです。将来、(未来を担う)子供も必要だしね。人として当然のことです。ただ、自分の責任のもとで結婚するわけで、『人気が落ちたりするのはプロダクションのせい』と思うタレントなんていない。結婚は結婚として、本人は(自分を)認めながら信じながら、結婚するんじゃないですか。それは当たり前のことです。我々は応援するだけです」

その上で、日本の芸能人について「(結婚が)遅いですよね。マスコミに追い掛け回されるからかな」とジョーク交じりに指摘した。さらに世相にも触れ、ジャニー氏は「(ドリームボーイズの)初日はおめでたいことだけど、Jrの子の家が(関東・東北の大雨による)被害に遭っています。彼らにはこの不幸も乗り越えて、幸せになってほしい」としみじみと話した。

情報源: ジャニー喜多川社長が語った「アイドルの結婚」 – ジャニーズ : 日刊スポーツ