ジャニーズ女帝が仕掛けた嵐ハワイ公演の「裏の目的」

196

「週刊文春」が報じたジャニーズの“女帝”メリー喜多川副社長の激白が大きな反響を呼んでいるが、その伏線は昨年からすでに張られていたようだ。

メリー副社長はSMAPの育ての親ともいわれている敏腕マネジャーのI女史に対し、娘の藤島ジュリー景子副社長と対立するようなら「出て行ってもらう!」と言い放った。この衝撃はいまだに業界内を騒然とさせている。それだけの爆発力ある発言だったのだ。

ちまたで盛んにいわれる「ジュリーvsI女史」の対立図式をひもといてみる。そもそもの発端は社長であるジャニー喜多川氏がジュリー氏のマネジメントに疑問を呈したからだ。

「ジャニーさんはジュリーさんのやり方を認めてませんでしたね。『ジュリーに任せるとタレントがダメになる』と言っては、I女史にタレントを預けていた。もっともジュリーさんがマネジメントする嵐と関ジャニ∞が売れたから『タレントがダメになった』とは言えないけど、ジュリーさんがジャニーさんの意にそぐわなかったことは確か。そこでジャニーさんが目をかけているI女史に、ジャニーさんが見いだしたタレントを任せていた」とはある業界関係者。

引用元: ジャニーズ女帝が仕掛けた嵐ハワイ公演の「裏の目的」 – ライブドアニュース.