ジャニーズ史上初!10人フライング 帝国劇場の歴史塗り替えた

111

Sexy Zoneの佐藤勝利(18)と中島健人(20)が主演する舞台「2015新春 ジャニーズ・ワールド」(東京・帝国劇場)の全編が2日、取材陣に公開された。

 3回目の上演となる今回は、同劇場初の出演者10人によるフライングに挑戦。高さ約9・5メートル。10人が手をつないで輪になって客席上空で舞い、オープニングに登場する。劇場の天井にサークル形のレールを新たに設置し、実現した。

 軽やかな飛びっぷりを見せた中島は「ザ・ジャニーズと言えるパフォーマンス」とアピール。A.B.C―Zの河合郁人(27)も「あれをやっている時が一番、ジャニーズの一員と思える」と話して笑いを誘った。

 佐藤と中島は大みそか、紅白歌合戦と、東京ドームで行われたカウントダウン公演にともに出演。元日から舞台初日を迎えるなど大忙しだった。中島は「24時間じゃ足りなかった」と振り返り、佐藤は「おかげで、ほとんどの先輩にごあいさつできた」と充実感を漂わせた。

 SMAPの中居正広(42)や東山紀之(48)らからお年玉をもらったことも明かした。

 公演に先立つ同日午前には帝劇前で、主要キャストによる公開餅つき大会を開催。色とりどりの羽織はかま姿で登場すると、集まった2000人のファンの「よいしょ~!」という大きな掛け声の中、勢いよく餅をついた。

スポニチより

ジャニーズ史上初!10人フライング 帝国劇場の歴史塗り替えた ― スポニチ Sponichi Annex 芸能.