ジャニーズ厭世時代の到来か?

30
 いやはや、ごぶさたしておりまする(ペコペコ)。

あれ書こうかな~?、これ書こうかな~?と思ってはいるものの、ことごとくジャニーズさん”以外”のイケメン話ばかりなので、興味ないだろうしな・・・と思って、ついつい見送ることが多ございんした。

だってね、あーた!年々、ジャニ事が減りつつあった私めでございますが、今年度に至っては「金閣寺」と「Endless SHOCk」見たっきりでござんすから!!

不義理なことに関ジャニ∞のドーム公演も申し込みせず。
嵐は行きたくても行けず・・・。

行きたい時にすぐに行ける、イケメンさんたちにすっかりウツツを抜かしておりましてございます。だって、楽しいんだもーん。

で、秋ドラマもスタートしたでやんすね。
ひと通り1話を見たんですが、↓こんな感じ↓です。

「南極大陸」
2時間SPを見て、今後も見ようと思ったのですが日曜に外出することが多く2、3話とも見れず。録画してまで見たいと思わんですたい。

「謎解きはディナーのあとで」
1話でギブ。コントみたいで耐えられず・・・。

「妖怪人間ベム」
さすがの銭ゲバチームが撮っていることもあり、映像、音楽、ストーリー共に見ごたえありますよねー。亀ちゃんのドラマをちゃんと見るのは野ブタ。以来かも。

「ランナウェイ」
役者の演技が文句ないので、もう少し予算をあげたいなぁ。お金かければ、もっとリアルに作れると思う。今後に期待!

「QP」
見たかったのに、いつやっているのか今だに良くわからん。

「深夜食堂」
素晴らしい作品。一週間でこのドラマを見ている時だけ心が安らぐ気がします。すべてにおいて、丁寧で愛情に満ちたドラマで、国内の映像作品のお手本と言っても良いと言える!ずーっと、ずーと続いて欲しいドラマです。

「11人もいる!」
久しぶりにヤッター!!と感じる、爽快なクドカン節が炸裂していて、泣いて笑えてズッコケる傑作。ゲイバー店長の緋田さんが出演していたり、片山さんが演出なのが嬉しい。クドカン作品は役者が乗りきれていないと、肩すかしくらったみたいに見ている方がストレス溜まったりするんだけど、神木隆之介くんと加藤清史郎くんが神がかっていて申し分なし!あとは、広末さんがもう一息ハジけてくれるのを期待します。清史郎くんは演技が巧いよねー。

評論家ぶった言い方をさせて頂くと(おい、いつもやんけ・笑)、フジのドラマは終わったな・・・という感じ。時流に乗るのは上手いけど、もともとが映像製作には向いてない。反面、日テレは宣伝も含めスタッフ選びが上手いと思います。見てないけど「家政婦のミタ」も数字が良いようだし、その差は歴然です。

他のドラマは見てしまへん。

では、では、またそのうち・・・。

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ