ジャニーさんご逝去に寄せて

104

大変なご無沙汰でございました。

最後にブログを更新してからあまりにも時間が経過してしまい、どのタイミングで再開しようか、するべきか等と思っている間に次々と色々な事が起きて、しかもどれもこれもあまりに重大な事件だったり、変化だったりしたので結局どのタイミングもスルーしてしまいました。

長い間文章すら書いていなかったので、語彙力や表現力が前にも増して劣化しているかと思いますが、ご了承の程、お手柔らかにお願いします。

時系列でリストアップする必要もないと思いますが、ジャニーズさんを含め色々な事がありましたが、やはりジャニーズの創始者であるジャニーさんがご逝去された事は触れずには居られません。

最初にジャニーさんが救急搬送されたと聞き、しばらくしてから既に死亡説まで飛び出し、私達ジャニーズファンも何を信じていいやら、これから一体何が待っているのか?など、それぞれが不安な日々を過ごしてきたと思います。

その後本当にご逝去されたとの報道を目にした時にはありきたりな表現ではありますが、信じられない気持ちと何か大きなものを失った喪失感を感じました。

これからジャニーズはどうなってしまうのだろう?何が起こるんだろう?と思いをめぐらす中、ジャニーさんに見出された数多くの‘息子’たちのコメントが次々とリリースされて、それを読むと自然にはらはら涙が溢れる毎日を送っていました。

その中でも言葉遣いがとても興味深かったです。最上級に丁寧なのもあれば、同級生のようにフランクな表現もあり、ジャニーさんとの関係性を感じる事が出来ました。文章も中にはすごく短く端的なのもあれば、長めでつらつらと思いを寄せているのもあり、こういった稀な機会を通して、ひとりひとりの表現方法や人間性、個性などに触れる事が出来たのも非常に感慨深かったです。

いつか数あるジャニーさん語録やタレントたちとの逸話を追悼の意味も込めて是非出版して欲しいですね。それを読めばなんか元気や希望が貰えるような気がします。ジャニーさんの選球眼や才能を見抜く力なんかはビジネス書としても有効ですし、また同時に自己啓発効果もありそうです。自分に自信を持ってなくても、誰かがどこかで何かの才能を見つけてくれるかもしれない、自分にも秘めた可能性があるかもしれない、と若い人たちを勇気づける事も出来るような気がします。

直接的な関係は勿論ない立場ではありますが、ジャニーさんには心から感謝を表したいと思います。ジャニーさんがプロデュースしたタレントやユニット、そして作品にことごとくはまってしまいました。そしてこんなサイトを立ち上げ、長い間同じ思いを持つファンの方々とも沢山交流が出来ましたし、色々な事を学ぶ事が出来ました。心から感謝致します。

ジャニーズのアーティストからは、喜びや興奮を沢山いただきました。そして若返える事もできました(見た目以外・・・)!(笑)

そしてなにより、ジャニーさんが発掘したアーティストたちのおかげで、何度も苦難を乗り越える事が出来ました。

ジャニーさん、本当にありがとうございました。

そして、安らかにお休みください。