ぶっさんが恋しい秋

37

寒くなってくると、キャッツが見たくなってしまいましてねたらーっ
先日、夜中にワールドシリーズを見て、性懲りもなくまた号泣ですよ悲しい汗
おかげで、翌日はカエルたんみたいな顔になりまして・・・パクッ
もしかして、まだバイバイできてネねぇのかよ唖然!?って思った次第です。
「小児救命」を見ていて、スーツ姿の高史の体がガッシリしてきたな~とか、あんなに細くてキレイだった指がちょっとごんぶとになってきたのを見て「あ~、高史もオッサンなんだな~ふぅ~ん」っていうか、所帯もちじゃんワッ!撃沈って自覚したり。
岡田くんが11/18に誕生日ケーキ2を迎えて28歳になったと知って驚愕したり冷や汗
・・・だって、ぶっさん22歳で止まってるハズじゃんしょんぼり
そんなこと、充分すぎるぐらい分かっているはずなのに、改めて月日の流れカレンダーが身に浸みます強風
特に「流星の絆」を見ていると、ニノと錦戸くんの微妙なテンポ感のズレがはがゆくもありてれちゃう、またそれが魅力でもあったりしてポッ、結果楽しい!!みたいな感じです。
要潤くんの「北の国から」語りがもっかい見たいよ(笑)。
同じ”ジュン”だしな、なんつってモグモグ
そして、ブログめぐりをしていると、ニノや錦戸くんファンの皆さんにも、高山(チビT)のキャラが痛く気に入って頂けているようでグッド、非常に嬉しいですチョキ。個人的には手広く事業を展開しているジョージ(イボリー先輩=尾美くん)がお気に入りですが拍手拍手
しかし、6話ではとうとう歌い出してしまいましたね~カラオケ
そう来たかーびっくりびっくりという中島美嘉ちゃんの歌のクダリは最高でしたupおはなup
功一の「今の話聞いてた?」に対して「あたし歌ってたからわかんない」。
確かに場面では曲が流れてたしな!って、じーんと来る場面でまたかい!!ってか、本当に必要なのか?あの展開ショック
話が「流星~」に流れてしまいましたが、キャッツに話を戻しますと、ワールドシリーズの特典DVDでは、キャストの皆が揃いも揃ってみんなこの作品を愛していることラブ、この作品で自分が変わったことを自認していることが手に取るように伝わるのが非常に感動的なんですよねポロリ
しかも、公開初日のドキュメントで、キャッツの5人が一様にとてつもなく寂しそうな表情を押し殺しているのが、なお一層の涙を誘うわけで・・・困惑あめ
「あー、もう、ぶっさんはいねぇんだな~」って、突き抜けるように高い秋空を見上げると、ふとそんなことを思う自分がいるわけで・・・。
いつになったらこの郷愁感から解き放たれるんでしょうかね。