だらだらDJ OZMAツアーファイナル@代々木

21

疲れた・・・冷や汗。3時間以上やってはったパクッ
やっぱ、テレビテレビなんかで1曲2曲見てる分には楽しくて面白そうで、ちょっとそそられるんだけど、あんまりタップリ見るもんじゃねぇなって感じモゴモゴ。しかも、クラブ程度のキャパじゃないとオーディエンスとの温度差があってふぅ~ん・・・OZMAに代々木はデカ過ぎたと思います。
会場は片寄せステージでアリーナは前から後ろまでビッチリ客席。アリーナに目いっぱい客を入れているせいか、スタンドは1階も2階FかGぐらいまでしか使ってなかったと思います。
確かに「純情」とか「アゲ♂アゲ♂」は盛り上がったけどup、アルバムに入ってない新しい曲も多かったので、盛り上がりに波があったなぁ困惑。どっちかってぇと(自分も含め)キッシーズたちは氣志團の音楽が好きなわけでたらーっ、だからOZMAにはそれほどのめり込んではいないんだよね。氣志團なら新曲でも何とかついて行こうとするけどジョギング、OZMAでは確実に「鑑賞見る」しちゃってたもん。”知ってる曲だけで盛り上がりたい”って言ったらいいのかなピピピ
あとは、やっぱりOZMAを積極的に見に来てる女子女はPANCHOとキング目当てな気がする(特に氣志團でもアイドル的存在の二人チョキだから)。なので、彼らのファンは盛り上がるup、けどOZMAのファンは盛り下がるdownって場面が多かったような。ましてや何のシンパシーもない女性ダンサーたちが歌い踊るコーナーに至っては潮が引きまくりで豚。OZMAの出番はかなり削られるわけですよ汗。氣志團のギグですら微熱DANJIのコーナーで席離れる客が多いってのに、女子チームを見ろってのは到底無理な話ざんしょ撃沈
あとね、小芝居が多いのニョロ
これが、何の決着もしないでウダウダ終わるから何のことやらっ?て感じで。しかも、とっびっきりダークなネタなのよ。氣志團学園の時のS4コントでも首をかしげざるを得ない銃乱射ネタ銃(しかも今回は自殺つきくもり)。銃が出てくる前までは、逆にそのウダウダ感がそこそこ面白いんだけど、突然殺しまくっていや~な気分になったところで、何も収拾せずに暗転して終わっちまうのさムニョムニョ。このご時勢じゃ笑えないってパー!
そして、相変わらずジャニーズネタもチラホライヒヒ
まず、何かと言うとすぐにフライング(と言うよりぶら下がっているだけ)をする。MC KOREAなる(これも明らかに韓国をバカにしているようなキャラで、どうしたものかと・・・)キャラが進行するコーナーのタイトルが「Kの嵐」ひらめき。そして、ギグの後半ではOZMA自らの口で「Show must go on!」とのたまった。うひゃひゃひゃ楽しい
あとは、紅白で披露予定のイリュージョンあり、キングのマジックショーあり、PANCHOとキングの全裸ショーあり(やべっ、こうして活字で書いてると何だか面白そうじゃねぇか・・・てれちゃう)とにかく、下町のショーパブ[OZMAいわく「亀戸のショーパブ」(爆)]がコンセプトなので、かなりショーアップはされてるんだけど、なんか中途半端なんだよねぇプシュー
ハッキリ言って、あと1時間短くまとめてくれてたら面白かったし、もっともっと、もとととともっと楽しめたと思いますYES!。氣志團の「やり過ぎ」感と違って、OZMAは本当に”無駄に”やり過ぎショック。そして、真ん中にプレミアムシートのお客さんにシャンペンをお酌しに行くクダリで明らかに客はさっと引きましたバッド。その後でマジッククローバーのエースやってもイリュージョンやっても今ひとつ湧かなかったのは、空気が冷え切っちゃった結晶からなんだよね。プレミアムシート訪問の後に「アゲ♂アゲ♂」をもってくれば良かったんだよー、ムード持ち直すから・・・、と言うように(本気でプロっぽい)ダメ出しを出したくなるような内容でした。
でも、オズちゃんはひさしぶりにハッチャケてて楽しそうだったよグッド
ニコニコラッキー、ぴょんぴょん魚してたし。
まぁ、オズちゃんが楽しかったら、それでいいやって思います。
相変わらず脱ぎまくってたけど・・・、ごめんね!前日に健ちゃんの美しいときめきときめきを見たあとだったから、オズちゃんが脱いだ瞬間、瞼にシャッターがおりてしまいましたモグモグ
あっ、そーだ氣志團のメンバーも1曲だけ覆面ホークセクションで参加してましたよ。隠してもランマちゃんのゆらゆらした動きはすぐにバレちゃう(笑)
▽OZMAを見た後で目が洗浄されるようなキレイな電光看板を見かけました(原宿駅前)
花より男子