だぢづでどーして???

40
7/7と7/21にEndless SHOCKを観劇しましたが、やはり最初の頃に感じたカンパニーのあの躍動感というか、新鮮さとかは、複数回見ると徐々に薄れるものですね。

それは見ている側が慣れてしまうから、そう感じてしまうのは必然的なのですが、

それでも、毎回毎回、

オフの千穐楽の活き活きと希望に満ちた笑顔
ウチとコウイチが、激しく衝突する時の緊迫した空気
ウチの告白を聞いて、驚き戸惑うカンパニーの表情
などなど

何百回演じてきても、まるで初めての様に見せる演技の素晴らしさには、ほんとうに圧倒されます。

映画やドラマなら1回しか演じないものを、舞台では毎日毎日繰り返すわけですから、本当に役者としての演技力が問われる場ですよね。

先日、とある有名人のマスコミとのインタビューを見る機会があったのですが、
その有名人の彼は業界でも評判の人格者なのですが、
とにかく短い間に入れ替わり立ち代り、次々と取材を受けるわけですが、
やはりどうしたって、同じ質問が集中してしまうわけですよ。

私たち読者も「どの雑誌読んでもおんなじ事しか書いてないよ~」みたいな経験があると思うのですが、当然ファンなら複数誌いや全部の掲載誌をチェックするわけで、その度、同じ内容ばっかりでうんざりと思う事ってあるじゃないですか?

でも、質問する側の人にとっては、初めてする質問なわけですよ。
だから、質問される側も「初めて訊かれた!」という感じで、丁寧に答えないと失礼に当たるわけですよ。

それでも、その様子を見ている私たちの方までうんざりするぐらい同じ質問が多いんですけど、その彼は、どの記者に対してもまるで初めて答えるかのような表情で、すごく丁寧に毎回同じ答えをするんですよ。

その様子を目の当たりに見て「本当に偉いなぁ~、人として、素晴らしいなぁ~」と、改めて感動しちゃいました。

その経験があったので、今回のSHOCKを最初に見た時は、ひとかたならぬすごい感動を憶えたんです。

慣れるって一番恐ろしい事じゃないですか?
「慣れ」を見せても感動は生まれないので、毎回きちんと緊張するって、すごい精神力と集中力が要ると思うんです。
例えば、ラダーフライングやリボンフライングだって、光一さんは今や目をつぶっても出来ると思うんですよ。
でも、最期の舞台を踏むコウイチにとっては、毎回がはじめてのフライングなわけで、
だから、毎回きちんと緊張した表情をするし、
はじめて挑む!という顔を見せる。
あれって本当に素晴らしいと思います。
楽々に飛び交ってる姿を見せる方が簡単ですからね。

そして、内くんも、毎回告白のシーンで、毎回泣くじゃないですか?
それで、その告白を知って、MAもMADもリカもみんな初めて知ったかの様に「ええぇぇ!!!」ってなるじゃないですか?
あれを見るとぞわ~~~ってくるものがあるんですよね。

ウチの告白のシーンは、彼の演技がカンパニーに最大限に影響を与える見せ場だと思うのですが、亮ちゃん同様、毎回泣くんですよね。

泣きじゃくりながらオーナーに抱きつくシーンは、こっちまで泣けてきちゃうもん。

コウイチはウチに背中を見せていた=彼の見本となり、ウチも常に後ろから自分の背中を見て、その直ぐ後ろに追いついてきてると思ってた・・・

が、しかし、ウチにとって、コウイチの背中は単なるボーダーだったんですよね。

「止まったやつは、切り捨てられるんだろう」

のセリフに代表されるように、ウチはコウイチに切り捨てられたと、
彼に背中を向けられたと思ったんですよね。

「好きでも振り向いてくれない」

その気持ちが分かるとウチがリカに言ったのは、リカがウチに振り向いてくれない事に由来しているのではなく、リカのコウイチに対する思いと自分のコウイチを慕い必要とする思いを重ねていたように感じました。

コウイチだけが前に進んでいる。

ショーを続けるコウイチの背中がどんどん遠くなる。

そんな妄想から生まれた脅威が、ウチの心を蝕み、凶器までをも生んでしまう。

「ショーはオマエだけでは続けられない。それだけは忘れるな!」

のオーナーの言葉。

それはまさにオーナーが最も危惧していたこと、
まるで予言のように、コウイチを諭したひと言を、コウイチがもっと理解していたら・・・

しかし、違う意味として受け取るコウイチ・・・・。
彼にはウチの心の奥が見えてない。
そして、
全ての歯車が狂いだす。

ちなみに、告白のシーンで内くんが白いパーカーのロングジャケットみたいのを着ていて、だんだんジャケットの左の肩が落ちていく感じがすごく良かったぁ。
なんか、一連のシーンとマッチしていました。

”コウイチが死んでる”ということ、
ウチ以外のカンパニーはなんとなく分かっている
そして、認めている
だから、驚きはしても、ウチのようにうろたえはしなかった。

でも
ウチはコウイチの死を理解したくない、認めたくない
その責任に潰されそうになる
駆け回り、訴える

「なんで皆黙ってるんだよ!」

このセリフにも、今回はすごくぐっと来るものがありました。

ウチは大階段に登る前に、一回両手を広げて階段を見上げるんですよね。
これまでの人たちもそうしていたかは不明ですが、
大柄の彼がするので、目立っただけかもしれませんが、
そうするウチを見つけた時に、
ウチが、「ここからがオレの計画の見せ所だ!」
と言ってるジェスチャーのように見えました。

ここからが悲劇の序章なのに・・・

あのポーズ
「Leon」のギャリー・オールドマン
「処刑人」のウィレム・ダフォーのようでした。
誉め過ぎ・・・?!

では、長くなりましたので、またの機会に。

かきくけこんやはここまで。

だぢづでど後ろ
だちづでど端
だぢづでどーして???

ばびぶべぼやきばっかですみません。

JUGEMテーマ:堂本光一