あ゛~、ぐーたら疲れた V6握手会

74

7時間も並びました、7時間でっせ!びっくり!びっくり!
何が驚いたって、並んだ自分に驚いたイヒヒ
9:00晴れに並び始めて終わったのは16:00ちょい前雨。ちなみにもらった整理券は『10:00の回』ってプリントされてたんですけどね(あんな整理券何の意味もないね)。
・・・もう、終わった途端にテンションが切れてヘナヘナピピピになり、一歩も動けなくなったので家族に車で迎えに来てもらいました(20分で到着・・・直線距離だと家から激近なのよ)。車に乗り込む際に、疲れプラス雨あめで足元も悪かったもんで、思いっきりもんどり打ってコケましたたらーっ。寄せる年の波には勝てない汗
秒殺とは聞いていましたが、まさにその通り。1人あたまの所要時間1秒×6人。この6秒間の為に7時間・・・あり得ねぇ~プシュー
でもね、その価値お金はやっぱりあるなーとつくづく思いましたよ。
まず、私の順番の際には、手前から岡田くん、健ちゃんラブ、イノッチ、長野くん、剛つん、坂本くんという並びでした。メンバーの手前に並んでからのスタッフの手際の良さはすごかった拍手。マンツーマンで「間空けないで~」と言われながら、ベルコンベアーのように送り出されたかと思うと「ハイ、ここから横向いて進んで~」とカニ歩きをさせられ・・噴出しそうになる瞬間にいきなり目の前に岡田氏が冷や汗。もうね、いつメンバーと出くわすかってタイミングが全く図れないまま進行するので、かなりビックリ!。しかも、真っ暗な中に6人が並んでるんですよ映画。ホントにかすかに明かりひらめきの漏れた場所で握手してるの。
なんで?、なんで?
私は、とりあえず全員に「お疲れさまさくらんぼ」と(周りが騒然としているので)できるだけ声を大きくして握手して行きました。岡田くん(思いっきりのヒゲヅラ)にはニヤッとされ、健ちゃんはまっすぐ背筋伸ばしてて(ホワイトベースの7分丈のTシャツ着てました。ラグビーとかアメフトとか、スポーツ系のネイビーかなんかのプリント)、もうホントに笑顔で嬉しいガン見されました。「お疲れさま」と言ったら元気良く「ハイッ」って返してくれました。もう、色が真っ白でね~、ちっさい顔にクリックリのお目々で、鼻がツンとして、口びるが真っ赤でプルップル赤りんご、おまけに髪が短いから眉毛までバッチリ見えて・・・あんな顔この世に存在するなんて信じられないときめき
んで、井ノ原さん、長野さん、森田さんは相当お疲れのご様子で悲しい、長野くんはちょっと魚の目になっていました唖然。剛つんをもっと味わいラーメンたかったんだけど、もう余裕がなくて、ひたすら顔だけ見てました見る。みんな、ちゃんと目は見てくれますよ。余裕のある人は笑顔も(笑)。私の順番は彼らが休憩した後すぐだったので、まだ持ち直してる方だったと思うんですがねニコニコ。最後の坂本くんは、出口付近だったので、一番明るい場所にいました(笑)。私の「お疲れ様」という言葉に思いっきりの笑顔で「ありがとう」って言ってくれました。疲れてるだろうに、このリーダーの心意気には涙が出そうでしたポロリ
私の後にも、あと3時間後ぐらいになるんだろうなーバッドと思われる列の最後尾の方が見えていましたが、この分じゃ早くても握手会が終了するのは19時頃でしょうね時計。まぁ、言うても東京が一番人が来ると思うので、地方はもう少し緩和されると思いますが、メンバーも相当の気合を入れて臨まなければなりませんね工具。でも、私たちファンにも人生最良の6秒間桜であるように、彼らにとっても何らかの収穫きのこグリーンが得られるイベントになってくれるだろうと信じています。