24時間テレビ 羽生結弦選手がアイスショーで魅せた「被災地復興」の心意気

167

カナダ・トロントから数日前に帰国した、ソチ五輪・フィギュアスケート男子金メダリストの羽生結弦(20)。いつもならマスコミ陣が彼の動向を監視している。が、今回ばかりは違った。

「僕たちも羽生の動きを知りたいんだけど、帰国してからはずっと日テレがスケジュールを押さえていた。羽生君のお母さんがマネージャーとして仕切っていて、数週間から数か月に一度、1局だけが代表で数時間だけの取材許可を、やっとのことで取り付ける。そんなレベルの対応しか許されなかった。だから今回、日テレが数日間もスケジュールを押さえられるのは前代未聞なんです。相当お金を積んだか……」(スポーツ番組関係者)

羽生のスケジュールを押さえたのは他でもない、8月22日に放送された『24時間テレビ』(日テレ系)。そこで演じられる『被災地の想いを繋ぐ羽生結弦アイスショー』のチームだ。「羽生のスケートが見られる!」 と、数週間前から話題になっていた。

ショーの前に流されたVTRでは、羽生の仮設住宅を回る姿が映された。「まさかこんな所で会えるなんて!」 と黄色い声をあげるおばさまたちに、笑顔を見せながら震災後の辛かった思いを伝えた。「被災地にまだいる人たちに対して本当に申し訳ないなと思った。自分だけが逃れていて本当にいいのかなって」「オリンピックで金メダルを獲った後に、実際にはなにもできなかったなって。すごく後ろめたさがあった。こういう所にお邪魔させていただくことで、僕自身も救われている」 被災地に、東北に寄り添うような羽生の言葉は、皆の心を熱く打った。

情報源: 【24時間テレビ】羽生結弦がアイスショーで魅せた「被災地復興」の心意気 (1/2ページ) – デイリーニュースオンライン