『SMAP×SMAP』31.2%の生放送以降は? 人気コーナー復活も“1ケタ”視聴率転落

47

1月13日の一部スポーツ紙により、解散危機が報じられたSMAP。一部生放送で行われた同18日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系、以下『スマスマ』)でグループ継続を表明し、この放送は31.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、世間の注目度がうかがえる高視聴率を記録した。今回は騒動以降の『スマスマ』の視聴率がどう推移しているのか、検証していく。

1996年4月にスタートした『スマスマ』は、今年で番組開始から20年のご長寿番組。メンバー5人が唯一勢揃いするレギュラー番組でもあり、ゲストを迎えて手料理を振る舞う「BISTRO SMAP」や、コント、歌など盛りだくさんの内容を放送している。「昨年の『スマスマ』の視聴率は、年明け1発目の1月5日放送の2時間スペシャルが13.7%を記録し、2月9日にも通常放送で14.2%をマークするなど、ゴールデンタイムの番組視聴率を超えることもありました。その後の数字も10~12%台が多かったものの、フジの番組が軒並み落ち込み始めたことで、夏頃から1ケタ後半を記録するようになりました」(ジャニーズに詳しい記者)

そんな中、年明けに勃発した解散騒動。ファンはもちろんのこと世間一般の関心も集め、18日の『スマスマ』は平均30%を超えただけでなく、瞬間最高視聴率は37.2%(午後10時22分)と、驚異の高数字を叩き出していた。翌週の25日は、前時間帯の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が9.6%と低迷していたが、『スマスマ』で一気に上昇し、13.4%を獲得。『報道ステーション』(テレビ朝日系、12.0%)や、午後9時からの『深イイ話 2時間SP』(日本テレビ系、12.9%)を上回り、同時間帯トップを獲っていた。 さらに2月1日は「20周年リクエスト」企画として、13年9月9日放送回の「50曲ノンストップライブ」のディレクターズカット版がオンエアーされ、10.2%を記録。翌週8日には、稲垣吾郎が「BISTRO SMAP」のゲストとして登場した「シャッフルビストロ第4弾」が放送され11.7%で2ケタをキープしていたが、次週15日には9.2%に下落した。

全文は以下にて。

情報源: 『SMAP×SMAP』、31.2%の生放送以降は? 人気コーナー復活も“1ケタ”視聴率転落|サイゾーウーマン