『HEAT』視聴率 「奇跡的な数字」 スポンサー撤退、ドラマ枠廃止?!

192

11日放送のEXILE・AKIRA主演の連続ドラマ『HEAT』(フジテレビ系)が、テレビ東京を除いたプライムタイム(午後7時~10時台)に放送された連続ドラマの中で、“今世紀最低視聴率”2.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。もはや目も当てられない大爆死ぶりに、ネット上では「冗談みたいな数字」などと話題になっているが、テレビ局や芸能プロダクション関係者など、業界も騒然としているようだ。

「正直、『信じられない』の一言です。ゴールデン・プライム枠の連ドラは、『4%台になると打ち切りライン』といわれていますが、3%台さえ切ってしまうとは。もはや脚本の面白さとか、主演の人気とか、それ以前の話。まったく無名の一般人を主演させたとしても、これくらいの数字は取れるのでは。あらゆる負の要素がいくつも重なって、奇跡的に生まれた数字といえるでしょう」(制作会社関係者)

低視聴率が続く作品には、“打ち切り説”が浮上するものだが、テレビ局関係者は“視聴率の合格ライン”を次のように解説する。

「テレビ局が考える、視聴率の合格ラインは、ここ1~2年ほどでだいぶ下がり、8%台をキープできればOKというところでしょうか。しかし低視聴率の限度、打ち切りとなる危険ラインとなると、昔から変わらず、『5%を切ったところから』が定説。つまりそれ以下、3%台ともなればスポンサーの撤退はもちろんのこと、今後その枠自体にスポンサーがつかなくなる可能性もあるなど、局側が責任を問われる事態に発展しかねない。3%台を2回出した番組プロデューサーは更迭されるという話もあるほどです。ドラマはどれだけ抑えても1話あたり3,000万円程度の制作費がかかるため、一刻も早く打ち切らなければ、どんどん赤字が拡大していくことでしょう」

続きは↓にて。

情報源: 『HEAT』2.8%に「奇跡的な数字」と関係者あ然! スポンサー撤退&火10ドラマ枠廃止も!?|サイゾーウーマン