『硫黄島からの手紙』撮影現場、ムードメーカーは二宮和也くんだった?!

49

『ラスト・サムライ』、『ピンクパンサー2』、『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』など、超大作に出演する俳優の松崎悠希さん。 名匠・クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』では、嵐の二宮和也と同僚の兵隊という、重要な役柄をこなした。 高校卒業後、前単身渡米。ホームレスまで経験しながらも現在の地位にまで上り詰めた。渡米後の松崎さんを悩ませていたのが、言葉の壁だった。「学生時代、英語劇をやっていたので、英語にも演技力にもちょっとは自信があったんです。なのに、オーディションでは、英語の発音が全然ダメだと相手にされなかったんですね。非常にショックでした。でも、落ち込んでいたって仕方ないですから、辞書を徹底的に利用して勉強をしました」

その勉強法とは、調べた単語にマークをし、とにかく発音と意味を頭に叩き込む、というもの。結果、英語の辞書を3冊丸暗記したそうで、現在ではトータル60冊の辞書を所有している。 そんな勉強法を始めて4年。ついに、セリフのある役をもらうことができた。しかも大変な話題作。それが、『硫黄島からの手紙』だった。

「実は僕、日本にいたときからテレビのないビンボーな家に育ったので(笑い)、ニノくんはもちろん、嵐を知らなかったんです。彼の演技はとても素晴らしくて、製作側が望む表情やしぐさを即座に理解し、とても自然にこなす。思わず“君ってすごい役者だね!”といったら“ううん、オレ、アイドルなんだよね”と返されました。それも即座に(笑い)」

2人は“ニノくん”“悠希くん”と呼び合う仲だったとか。「僕がNGを出すと即座にツッコミを入れてきたりして、現場のムードメーカーでしたね。日本のアイドルって、レベルが高いんだなと思いました(笑い)」 そんな2人を見守っていたのが、イーストウッド監督だ。

情報源: 『硫黄島からの手紙』撮影現場、ムードメーカーは二宮和也|週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する