『山田孝之の東京都北区赤羽』ドキュメンタリードラマでも晴れない山田の“不気味さ”

46

イケメン俳優のことを調べていると、20代後半から30代にかけて一度崩れることが多いことに気づかされる。ある人は奇抜なキャラクターを演じるようになり、ある人は映画監督を志し、ある人は小説家を目指す。あるいは突然結婚したり、単館系のマイナー映画や舞台に活動の中心場所を移していく俳優も多い。

おそらく、その象徴といえるのが小栗旬と山田孝之だろう。

小栗旬は20代後半の迷走を経て『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)で、イケメン俳優としての出自を受け入れ、次のステージへと移行したが、対して山田孝之は、『六番目の小夜子』や『ちゅらさん』(ともにNHK)で見せた美少年のイメージから突然脱却し、今では『闇金ウシジマくん』(TBS系)の丑嶋社長のような強面の男も演じるようになった。その変化は昔の山田を知っている程ショックだが、脱イケメン俳優という移行自体は成功したように見えた。

だが、それと引き換えに独特の不気味さというか、人として大切なものをどこかに置いてきたような、得体の知れない違和感が常に付きまとっていた。とはいえ、その違和感は、役者としての山田にとってはプラスに働いていたと言える。しかし、人間・山田孝之にとってはどうだったのか?

ずっと感じていた山田に対する違和感、それ自体がモチーフとなっていたのが金曜深夜枠で放送されていた『山田孝之の東京都北区赤羽』(テレビ東京)である。ドラマは山下敦弘監督の『己斬り』という映画の撮影場面から始まる。

引用元: 『山田孝之の東京都北区赤羽』、ドキュメンタリードラマでも晴れない山田の“不気味さ”(1/2)|サイゾーウーマン.

山田孝之の東京都北区赤羽 DVD BOX(初回限定:スペシャルナイト応募抽選券ハガキ封入)
山田孝之の東京都北区赤羽 Blu-ray BOX(初回限定:スペシャルナイト応募抽選券ハガキ封入)