『デスノート』、10.2%に回復も……厚切りジェイソン登場、“平凡な大学生”設定崩壊で波紋

65

第5話で視聴率8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、自己ワーストを更新していた窪田正孝主演ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)。8月9日に放送された第6話では10.2%を獲得し、再び2ケタに上昇した。

人気マンガが原作の同ドラマは、名前を書いた人間を死に至らしめる「デスノート」をめぐる物語。ノートの所有者・夜神月(キラ)を窪田が演じ、キラに迫る天才探偵・L役には山崎賢人が抜擢された。視聴率は初回16.9%の好スタートを切り、第2話で12.3%、第3話で8.7%と下降傾向にあったが、第4話で10.6%に復活。第5話で8.2%の最低記録を出すも、“ミサミサ”ことアイドルの弥海砂(佐野ひなこ)が「第2のキラ」容疑で拘束され、Lと月の対決に注目が集まったことも作用したのか、2%アップに成功した。

「原作では“天才VS天才”の頭脳戦が見どころでしたが、ドラマ版の月は、ミサミサが所属するグループ『イチゴBERRY』のファンで、『どこにでもいるような大学生』という“凡人”設定に変更されています。ところが、第6話では、自身への疑いを晴らすために絶好のタイミングでデスノートを手放すという、天才にしか思い浮かばないような行動をみせたことで、『凡人だった月のキャラが原作寄りになってきた』『ご都合主義』といった指摘も。その一方で、第7話の予告で月が『計画通り』とつぶやくシーンは、原作の表情と似た雰囲気を醸し出しており、窪田の演技力が評価されています」(芸能ライター)

情報源: 『デスノート』、10.2%に回復も……厚切りジェイソン登場、“平凡な大学生”設定崩壊で波紋|サイゾーウーマン