亀梨和也くん主演小説『ジョーカー・ゲーム』TVアニメ化

73

柳広司氏による人気スパイサスペンス小説シリーズ『ジョーカー・ゲーム』がテレビアニメ化されることが10日、わかった。監督は『攻殻機動隊 新劇場版』、『劇場版戦国BASARA-The Last Party-』などの野村和也氏、キャラクター原案は『狗-DOGS-』の漫画家・三輪士郎氏、アニメーション制作はProduction I.Gが担当する。

<実写版では>亀梨、フカキョンと“藁の上”でラブシーン「牛が興奮しちゃって…」 同作は2008年に発行され、同年の『このミステリーがすごい!』第2位にランクイン、翌年には『第30回 吉川英治文学新人賞』および『第62回 日本推理作家協会賞』を受賞。今年1月にはKAT-TUNの亀梨和也主演で実写映画化もされた。

アニメのティザービジュアルも公開されたほか、公式サイトでは原作者の柳氏のアニメ化に向けたコメントが掲載されている。

情報源: 『ジョーカー・ゲーム』TVアニメ化 制作はProduction I.G – エキサイトニュース