『ぬ~べ~』“山田涼介効果”で10.8%も、笑福亭鶴瓶ゲストに「やりたい放題」批判!

54

『ぬ~べ~』“山田涼介効果”で10.8%も、笑福亭鶴瓶ゲストに「やりたい放題」批判!|サイゾーウーマン.

秋ドラマの話題作で、関ジャニ∞・丸山隆平主演ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)の第9話が12月6日に放送され、視聴率は10.8%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)と、2週連続で2ケタをキープした。

 初回13.3%でスタートし、6話が9.2%、7話で9.0%と初の2週連続1ケタを記録した『ぬ~べ~』。8話・9話にはHey!Say!JUMP・山田涼介が覇鬼(坂上忍)の弟・絶鬼役でゲスト出演すると告知されていたこともあり、8話は“山田効果”か10.8%に。しかし、8話はラストにのみ登場した形だったため、視聴者のファンから「視聴率稼ぎか」といった非難の声も噴出していた。

「9話は山田が本格参戦となり、霊能力教師・ぬ~べ~(丸山)と直接対決を繰り広げました。山田の配役について、ネット上では原作のイメージに近いとの評価が上がっており、『適役』『悪役に向いてる』という声や、『この作品に山田はもったいない』というコメントも出るなど、絶賛の嵐でした。これまで高橋真麻、明石家さんまらが特別出演を果たしてきた同作ですが、最終回には笑福亭鶴瓶のゲスト出演が決定。鶴瓶は出演の経緯について、丸山に電話をして『さんまが出たんなら俺も出してくれ』と直談判したと明かしていましたが、ネット上では『もうやりたい放題』『芸能人なら「出たい」って言えば誰でも出れるの?』と、失笑を買っています。中には、鶴瓶が出演を決めた理由について『作品が好きだから』といった理由ではなく『さんまが出たんなら』と発言していることに対し、批判の声も見受けられました」(芸能ライター)

cyzo womanより抜粋