「3人組ならKAT-TUNだね!」塚田僚一くん 舞台のアドリブ発言に批判噴出

115

天然キャラや爆弾発言がウケ、今年はバラエティ番組で大活躍だったA.B.C-Z・塚田僚一。グループでは塚田の予測不能なトークが1つの武器となっているが、公演中の舞台『ジャニーズ・ワールド』で先輩・KAT-TUNのメンバー脱退を笑いのネタにし、ジャニーズファンから批判が噴出しているという。

5月7日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)で、自身の“性欲”について語り、その後の放送で「アウト軍団」入りを果たした塚田。同番組を機に単発のバラエティ番組への出演も増えたほか、9月放送の『発見!ウワサの食卓』(同)では「突撃!世界の家ごはん」という塚田がメインのワンコーナーも放送されるほど、飛躍の年になった。

そんな塚田は現在、12月11日に開幕し、Sexy Zoneの佐藤勝利、中島健人が主演を務める舞台『ジャニーズ・ワールド』に出演中だが、22日の夜公演での発言が物議を醸している。A.B.C-Zメンバーは「時の旅人」という役どころで、塚田は二幕でMr.KING(平野紫耀、永瀬廉、高橋海人)とアドリブを交えてトークする場面があり、「君たちは3人組? じゃあKAT-TUNだね!」と発言したという。

「KAT-TUNといえば、11月に田口淳之介がグループ脱退を発表し、いまだファンの傷が癒えていない状態。塚田の発言に会場のお客さんはザワつき、永瀬が『それはグレー(ゾーン)』とツッコミを入れるも、塚田は『(3人になるのは)春からだった!』と、さらなるブラックジョークをかぶせてきたとのこと。舞台のレポートがネット上に上がると、主にKAT-TUNファンから塚田へ怒りの声が上がりました」(ジャニーズに詳しい記者)

デビュー組の先輩で、バックダンサーを務めたこともあるKAT-TUNのデリケートな話をネタにした塚田に対して、KAT-TUNファンは「KAT-TUNに謝れ」「笑いにするにはまだ早い」「塚田くんの発言は同じジャニーズとしてあまりにも軽率」などと大荒れ。塚田は天然キャラのため「悪気があったわけじゃないと思う」などと擁護の声も見られたが、「天然だから何言っても良いってもんでもない」という反論もあがっており、ファンの怒りはそう簡単に収まらないようだ。

全文は以下にて。

情報源: 「3人組ならKAT-TUNだね!」A.B.C-Z・塚田僚一、舞台のアドリブ発言に批判噴出|サイゾーウーマン

相当デリカシーに欠ける発言ですね・・・