「星に願いを」を見て

42

やっぱ、ミッキー出ませんでしたねバッド(ジョーク拍手ジョークですってば楽しい
「ラストプレゼント」から学んでいない私は、本編の放送の前に、またもや番宣番組を待ちきれずに見てしまった事を大後悔しました・・・。あれ見てなかったら10倍は楽しめたと思いますショック工具工具
世間の評判がどうであっても、私はすごく良いドラマだと思いました。どうせなら7時から放送して、1人でも多くのの子供達にも見て欲しかったです。
どんなに目的を達成するために努力しても、その努力の成果を分かち合える人がいなかったら、さびしいですもの。それって、完璧なステージを準備してもお客さんが誰も来ない事に似てます。
このドラマのふれこみが「たった1人でプラネタリウムを作った人の偉業」って感じだったので、貴之に色々な形で協力してる人達とのシーンがある度に、ひとりじゃないじゃ~~んって心の中でつっこみながら見てて、それでもエンディングではそれぞれの存在の偉大さに本当の意味で気づいた貴之に感謝!あのシーンを多くのちびっ子に見て貰って何かを感じて欲しいなぁと思いました。大杉漣さんまで、最後には良い人っぽくなってたし。悲しい
それにしてもあの最後のシーンの剛さんのセリフは、まるであたし達ファンへの言葉にも思えて、泣いてしまったよ~~~悲しい悲しいback妄想激し過ぎ楽しい
その前に、英語でプレスから質問攻めにあう時は盛んに、”I made it myself. It’s my hobby.”とか、”I made it all by myself. It’s my hobby.”って言ってたじゃないですか。「それは、そうだけど、でもそうじゃないよ」と感じていたので、すっきり拍手グッド
ちなみに会議で挨拶した時の英語は、”What if a planetarium could reproduce 1 million stars. What if a planetarium could be freely transported. I came here to answer such dreams.”でした。剛さんの英語の発音については、触れないでおこうGO!
陽子って剛さんのお母様のお名前でもありまよね。そう言えば、昨日の夜中に間違え電話があって「あたし、ヨウコ」ってかかってきて、「えっ、ヨウコちゃん?」と私が訊いたら(ちなみに、私の友人にヨウコっているのですが、明らかに彼女のテンションと違っていたんですバッド)、「そうだよ」って言うので、「えっ、ヨウコちゃんって、あのヨウコちゃん?」と訳の分からない受け答えをすると、更に明らかに私の知っている”ヨウコちゃん”とは違うテンションで「そうだよ」と。  ・・・・ ??? 結構長い間すったもんだした末に、お互い間違い電話だと気づき楽しい、それでもなんか電話のヨウコさんは納得が行かない気味に電話を切ったのでした。間違い電話の最長記録だったな!楽しい
なんて事件がDejavuだったのか、単に例によってあたしが間抜け振りを発揮だったのか・・・たらーっ汗
それにしてもなんというタイミング!?ですよね。(そうでもない?)
そうそう、何を言おうとしたのか!そう、フィクション的存在の優香さんが演じた陽子の存在が、番宣番組を見るまでは「正直、いらんのんちゃうか?」って思ってたのですが、本編を見て「ありか、ないかって言ったら、ありだな」と充分納得できたのが、驚きでした。原作は読んでませんが、友情や他者への思いやりの重要性を分かりやすく描く上でも、必要性のある役だと受け入れられましたので男
それにしてみ、毛利さんは素晴らしかったですよね。オーラがあった!そして、何気に結構ジャニーズさんと絡みますよね。
あと、剛さん、タイプキャスト化してやいないかと、ちと心配…
それでも、テレビに出てくれるだけで本望かなとも・・・

あ~、今夜であたしの夏は終わった・・・・・
取り急ぎの感想は以上です。また、書き足させて下さい。
んじゃ。また。月