「マッサン」最終回視聴率で有終の美

58

28日に最終回を迎えた俳優の玉山鉄二さんが主演し、米女優のシャーロット・ケイト・フォックスさんがヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「マッサン」の初回(9月29日放送)から最終回までの期間平均視聴率が21.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録したことが30日分かった。話題になった「あまちゃん」(20.6%)や「ごちそうさん」(22.3%)、「花子とアン」(22.6%)に続き、朝ドラでは4作連続で大台超えとなった。

「マッサン」の週間平均視聴率は、初週が21.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出)と好スタートで、その後も20%以上をキープしていたが、第8週で19.3%と2013年度前半の「あまちゃん」以来の20%割れに。以降も4週連続で大台割れが続いていたが、第12週で復帰。北海道編に突入した第16週から好調をキープしていた。3月20日の放送回では各回最高の25.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

引用元: マッサン:期間平均視聴率21.1%で完結 朝ドラ4作連続で大台超え – 毎日新聞.

マッサン:最終回視聴率23.2%で有終の美 – 毎日新聞.

ほぼ毎日泣いてました・・・
本当に良いドラマでしたね。