「タイヨウのうた」試写レビュー※ネタバレ※

17

試写を見て参りました映画
ローdownバジェットながらも非常に良い映画でしたねグッド
UK映画みたいに適当にローカルっぽくて(とは言いつつもオシャレな湘南船なんだけどね)、夏のキーワードもたくさん散りばめられていて、切なく甘いエンディングポロリとなっております。
YUIちゃんがとっても可愛くって女、お芝居も歌も上手だし、楽曲も素晴しかったですね。どっちかっていうと伴杏里ちゃんみたいなリアクション薄めでアンニュイふぅ~んな感じなんだけど、薫という役には内に秘めた熱さを感じます。
主人公の薫は紫外線晴れに当たると拒絶反応を起こしてしまうXP(色素性乾皮症)という病気を抱えていて昼夜逆転の生活を送っているのですが、その昔、ジョン・トラボルタ主演で無菌室病院でしか生活できない青年の話がありましたけど、それを思い出しましたね。しかし、どうしてこんな不幸なことが起こるんでしょう?人間って何かがひとつ足りないだけでこんなにも脆い困惑、普通であること希少性を感じました。
病気モノにありがちな自暴自棄工具になるとか、親子で泣き崩れる悲しいとか、励ましあって闘病するグー的な展開は一切ないんです。終始淡々とnextnext、そしてマターリピピピとストーリが展開して行くのですが、それがキャストひとりひとりの心情をすごく丁寧に描くことに繋がってるので自然に感情移入できてしまうんです。だから、ラストシーンも直接的に死ぬ場面でガックリさせたり、大ゲサに泣かせたりって安っぽい方法は使わないんですノーノー。静かに亡くなって、最後に薫の歌カラオケが流れてくるだけで、じんわりポロリ涙してしまうんですよ。私は泣くまでには至りませんでしたが(職業病?)席を立った時、会場の皆さんは、みな手に手にハンカチを目に当てて泣いてあめらっしゃいました。
すごく良くできた映画だなーって思いましたねイケテル
ストーリーは全くありきたりなんですけど、人の心をつかむ力がある映画です。YUIちゃんが書き下ろした楽曲のパワーも間違いなくありますねYES!
さて、我らが高史楽しい
とにかく、アニだの忍っちだの、銀次郎だのって役ばかり見ているので(菊次郎とかNHKドラマとか、他の映画作品も一応は見てますけどね困惑)、彼の「普通」の少年役ってのにすごく興味がありました。
だって高校生役ですよ!?
いやもう、これが新鮮なことときめき
しかも、サーフィン小僧サーフィンだから小麦色の肌
・・・あり得ねぇたらーっ
あんな抜けるように白い肌をしている高史が黒い犬んですから!
しかも、その辺のプラプラした高校生風情のテレテレファッション
・・・あり得ねぇたらーったらーっ
そして、しょーもないんですけど「いつチュー抱擁すんの?」って、も~う気になって気になってしょーがないムニョムニョ(笑)。
何よりも泣く悲しいシーンが胸キュンです。
症状が悪化していく彼女の見送りで家に帰るシーン。
バイバイして彼女に背中を向けた途端に涙が溢れ出すんです汗
拭っても拭っても溢れ出てくる涙を抑えきれない、陽気な孝治がこの映画で見せる唯一の涙のシーンです。
すごく短いシーンなんですけどグッときます。
サーフィン姿水泳はぶっちゃけカッコ良くないんだけどね(笑)。
でも、犬が泳いでるみたいで可愛いラブラブから許す。
高史はいい役者になったなーって思います。
こういう単館系というか、客を選ぶような映画作品が彼には合ってるよね。なんて言うのかな~、演じてる役柄自体はそんなにキワモノじゃないし、むしろ普通の男の子嬉しいが多いんだけど、作品自体が大衆的じゃないって感じかな。
ただ、カメラアングルがね・・・アップのセンター抜きが異常に多いんですよてれちゃう。だから映像としてはすこぶる単調なんですニョロ。もう少しイレギュラーなアングルがあっても良かったんじゃないかな。キャストが少ないし、キャスト以外に他にあんまり見せるものもないから余計目立っちゃうんですよね撃沈
しかし、この映画「2万人試写会びっくり」って触れ込みでしてね、おまけに1000円で見れる特別鑑賞券まで頂きまして(お友だちや親戚の方にあげてくださいって書いてあるの・笑)、一体興行でどうやって儲ける気なのかしら??
タイヨウのうた公式HP
Good-bye days
Good-bye days
YUI for 雨音薫
タイヨウのうたInvitation Book
タイヨウのうたInvitation Book