TBS『ゼウス』またヤラセ疑惑

158

24日に放送された3時間のバラエティ特番『櫻井翔のジャニーズ軍VS有吉弘行の芸人軍 究極バトル“ゼウス”』(TBS系)に、ヤラセを指摘する声が相次いでいる。

 3回目の放送となる同番組は、嵐・櫻井翔率いる“櫻井ジャニーズ軍”と、有吉弘行率いる“有吉芸人軍”が、体を張ったゲームでチーム戦を行い、負けたチームが全員で土下座をするという内容。今回も冒頭から「たとえアイドルでも一切容赦されない、真剣勝負の舞台」とガチンコ勝負をうたっていた。

 また、過去2回の放送共に、芸人軍が総合勝利を収めていることから、有吉は「今回芸人が勝ったら、この番組はもう終わりです」と宣言。番組はその後も、繰り返し「ジャニーズ軍が負けたら番組終了」とアナウンスし、緊張感を演出した。

 ゲームは、回転する巨大なバーを全身でかわす「ローリングゼウス」や、7名ずつ矢を放ち、合計ポイントで競う「ゼウスアーチェリー」など6種目。3rdバトル「ストロングハグ」までは、競技が終わるたびに画面上にチームの総合得点が表示されていたが、4thバトル「エンドレスジャンプ」以降、得点表示は最終発表まで一切なかった。さらに、番組を通して出演者は誰1人として得点には触れず、実況を務めた福澤朗がファイナルバトル中に「点数は、拮抗しているという情報が入ってまいりました」と触れるのみだった。

 勝敗の結果は、3種目で芸人軍が勝利し、2種目でジャニーズ軍が勝利、1種目で引き分けだったが、番組終盤で総合ポイントが発表されると、ジャニーズ軍が10ポイント差で勝利。テロップで表示されたポイントの内訳は、ほとんどのゲームが勝利チームに60ポイントが加算される中、ジャニーズ軍が勝利した3rdバトル「ストロングハグ」だけは、100ポイントの高得点が配分されていた。

情報源: TBS『ゼウス』またヤラセ疑惑 – 日刊サイゾー