SMAP退所後の姿が重なる「光GENJIの現状」“美談報道”と異なるメンバーの関係

59

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人がジャニーズ事務所を退所する日が迫り、本格的な“SMAP分裂”の時がそこまで来ている。そんな中、かつてジャニーズ事務所で活躍したアイドルグループ・光GENJIの元メンバーが、再結成に前向きな姿勢を示しており、これはSMAPにとって「一筋の希望」だと一部マスコミが報じた。しかし、光GENJIの現状は、報道された内容とは少々異なるようだ。

1987年に「STAR LIGHT」でレコードデビューした光GENJIは、ローラースケートのパフォーマンスを武器に一世を風靡。しかし94年8月に大沢樹生&佐藤寛之が脱退し、以後は「光GENJI SUPER 5」として内海光司・諸星和己・山本淳一・赤坂晃・佐藤敦啓(現・佐藤アツヒロ)で活動を継続したが、95年9月の名古屋でのライブを最後に「卒業」(解散)した。

現在もジャニーズ事務所に所属するのは、内海と佐藤アツヒロのみ。赤坂も所属していたが、2007年に覚せい剤取締法違反で逮捕され解雇処分となり、09年にも薬物事件を起こしている。こうしてグループ解散後、所属事務所がバラバラになった7人の再結成は「難しい」とみられていたが、近年は諸星を中心に元メンバーが再結成を口にすることが増えているのだ。

「今年8月5日に行われた『オモロック2017』というイベントで、諸星がメンバー7人で食事会をしたことを明かし、『7人で光GENJIのLINEをやっている』と話したんです。いまだに再結成を望んでいるファンも多いだけに、このニュースはネット上で大きな話題になりました。その後、佐藤アツヒロが公式携帯サイト・Johnny’s webの連載『R・R』で、諸星や食事会のワードは出さないで、『一度、集まって話したいと、言いだしたのは…俺っす!!』と、告白。連絡先を知らなかったため、諸星が中心となって集めたようですが、『俺も、メンバーの皆も…確実に、感動したよ!!』と、つづっていました」(ジャニーズに詳しい記者)

また、諸星は同23日放送のバラエティ『良かれと思って!』(フジテレビ系)に出演した際も、「最近、プライベートでよく7人で会うんですよ。LINEでグループ作ってるから。この時の集まりも内海の誕生日(1月11日)だったんですけど」「赤坂の出所祝いもあったんで」などと、7人の交流事情をトーク。「何かなければ集まらない。気持ちは何かあると思うんです」と、メンバーの心境を語っていた。

情報源: 美談で報じられる光GENJIのウソ|サイゾーウーマン