SMAPデビュー記念日に東京新聞広告ジャックやハガキ運動

57

SMAPのデビュー25周年記念日だった今年の9月9日。解散までのカウントダウンをただ静かに刻むだけで、本人たちのコメントは一言も届かなかったが、ファンたちは日付が変わった瞬間から、SMAPへの深い愛を表現した。

【AM0:00】 香取慎吾(39才)ファン歴20年のA子さん(46才)が、0時ちょうどにツイッターに「25周年おめでとう」とつぶやくと、タイムラインは瞬く間に祝福メッセージで埋め尽くされた。

【AM5:00】「カタン」という音とともに、玄関に飛び出していったのは、稲垣吾郎(42才)ファン歴15年のB代さん(43才)だ。朝刊を受け取ると、すぐさまパーソナル広告欄『ToKToK』を確認。「仲間の分も購入しないと」と、そのまま近所のコンビニへと走った。

この日の東京新聞は、紙面の3分の1を占める広告・伝言スペース2面分を、SMAPファンがほぼ独占。出稿料金が、3行540円で誰でも掲載できるという手ごろさもあってか、SMAPへの激励や感謝のメッセージが84件並んだ。「『ToKToK』は2000年から始めたのですが、こんなにたくさんのメッセージが来るのは初めて。すべて掲載するため、レイアウトを考えるのも大変でした(苦笑)。広告をメッセージにするという意見については賛否両論あるかもしれませんが、SMAPにおめでとうと言える場所を提供するのは、報道機関の役目だと思っています」(東京新聞広告部)

実はこういった動きは、他の新聞でもあった。朝刊は1296円から出稿できる河北新報や1行540円、2行から受け付けている静岡新聞、1行972円で3行からの北國新聞など各地でもメッセージが多数投稿された。

【AM6:25】 草なぎ剛(42才)ファンのC香さん(50才)は、ラジオの前でドキドキしていた。月~金でメンバーが4週ごとに交代する『おはようSMAP』(TOKYO FM)はこの日、草なぎが担当していた。

年内いっぱいの解散を表明し、25周年コンサートもとりやめ。それゆえこの日は“静かな25周年記念日”とも報じられた。メンバーからの胸中を聞くことはかなわないことは、みんな頭ではわかっていた。それでもわずかな望みにかけて、こうしてラジオを聴いていたのは彼女だけではなかったはずだ。

「SMAPの草なぎ剛です。9月9日、今日お誕生日のみんな、おめでとうございまぁす」

C香さんは声を詰まらせた。まず耳に入ってきたのが、SMAPのデビュー曲『Can’t Stop!! LOVING』だったから。

「デビュー曲でお誕生日って。ファンに精いっぱいのメッセージを出してくれて…うれしかった…」

 

情報源: SMAPデビュー記念日に東京新聞広告ジャックやハガキ運動│NEWSポストセブン