SMAPのグループ名が『東日本大震災復興支援財団』発起人として残る

40

昨年3月12日放送のNHK『震災から5年 明日へコンサート』終了時に、「また来年も東北でやらせていただきたいと思います。また来年お会いしましょう!」と話していた元SMAP中居正広。

’11年3月11日に起きた東日本大震災から6年がたった今年、残念ながら“約束”が果たされることはなかった。

『明日へコンサート』がスタートした’12年から昨年まで、司会を務めた中居。同時に番組の“顔”として出演していたのがSMAPだった。

「局内でも秋ごろには’17年の開催は難しいと判断していたようです。表向きは“5年間の区切り”としていますが、彼らの解散が影響しているのは明らか。中居だけが司会を、というわけにもいかないですからね」(テレビ局関係者)

結果としてSMAP“最後のコンサート”になってしまった同番組。当時、独立騒動による『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での生謝罪後初めて、ファンや被災者のために立ったステージだけに、精いっぱいのパフォーマンスだったのかもしれない。

一方で5人は被災者のために、最後まで寄付金を呼びかけた。ソフトバンクグループ社長の孫正義氏や王貞治氏らとともに、発起人として立ち上げたのが『東日本大震災復興支援財団』だ。’11年の設立後から昨年12月26日の『スマスマ』最終回まで、彼らは復興支援を発信し続けた。

「明確に間違いなく功績として申し上げられることと思います。もちろん(発信がなくなったことは)今後、心配することではありますが、今まで呼びかけてくださったことへの感謝の言葉しかありません。呼びかけが始まった時期と、個人さまの寄付が増えたことが近いことから、おそらくSMAPのファンの方々の寄付が多いものと思っております」(財団事務局長補佐)

全文は以下にて。

情報源: SMAPのグループ名が『東日本大震災復興支援財団』発起人として残る | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する