SMAP 「香取の乱」で25周年コンサートが絶望的

242

異変の兆しはあった。7月16日の『音楽の日』(TBS系)、18日の『FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)、ともにSMAPが出演を見合わせた。 「昨年までは5年連続で両番組に出演していたので、各局今年もSMAPにオファーしたのですが…。“今はまだ充分なパフォーマンスができない”という理由で、直前にキャンセルが伝えられたのです」(テレビ関係者)

特に『音楽の日』は、第1回から一貫して中居正広(43才)が総合司会を担当してきただけに、ファンの落胆は深く、ネット上には悲痛な声が溢れた。 《彼らにとっても愛着のある番組のはずなのに…》 《この2つにさえ出られないってことは、やっぱもうダメなのかな》

年明けの日本列島を騒然とさせたSMAPの解散騒動から6か月。5人のメンバーはいま、喫緊の時を迎えていた。

この激動の半年間、日々伝わるグループの動静に一喜一憂してきたファンにとって、“最後の希望”は、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84才)の発言だった。 「解散なんて冗談じゃない。はっきり言っておきますよ。絶対にない。SMAPはわが子と同じですから。ぼくは命を懸けても守る」

5月3日、彼がプロデュースする舞台の説明会で、ジャニー氏は初めて騒動に言及。当時、来る9月9日にデビュー25周年を迎えるSMAPの「記念コンサート」の開催可否が盛んに報じられていたが、こう断言した。

「盛大にやるべきです。萎縮したり周りに遠慮したりする必要はない。必ずやらなきゃいけない」  事務所のトップの発言で、解散とコンサートの問題はひとまず終着した。

全文は以下にて

情報源: SMAP 「香取の乱」で25周年コンサートが絶望的│NEWSポストセブン