KinKi Kidsのコンサートは一味違う!パフォーマンスと2人の距離感が心を掴む

186

今年、デビュー20周年を迎えるKinKi Kids。9月21日には、約2年ぶりとなる通算15枚目のニューアルバム『N album』が発売され、9月29日からは東京・武道館公演を皮切りに、名古屋、宮城、大阪、札幌、広島、福岡と『KinKi Kids Arena Tour 2016』がスタートする。

実はKinKi Kidsのコンサートは、他のジャニーズアイドルのコンサートとは一味も二味も違う。まだ彼らのコンサートを見たことがないという人は、今すぐ8月10日にリリースされたライブDVD『2015-2016 Concert KinKi Kids』を手にとってほしい。セットリストにデビュー曲から新曲まで、いわゆる王道の曲が多く入っている今作は、KinKi Kidsのコンサートの“超入門”にふさわしいからだ。

今作は、毎年恒例の年末年始に行われている大阪・東京ドームコンサートのうち、堂本光一の誕生日である1月1日公演の様子を収録したもの。なんと東京ドームで元旦公演を行なうのは、2016年で18年連続。もちろん、これほど長い記録を持つのは、KinKi Kidsのほかにはいない。今回は、このライブDVDを通じて、KinKi Kidsの魅力について、紹介したい。ファンサービスではなく、パフォーマンスで心を掴む 一般的なアイドルのコンサートは、手を振ったり、笑顔をふりまいたり、ウチワに書かれたリクエストに応えたり…と、ファンサービスが大きな魅力。だが、KinKi Kidsは、ここぞというときにしかそうした行動に出ない。なぜなら彼らの目指しているコンサートは、お客さんに「もう一度あのステージを見たい」と思ってもらえる質の高いパフォーマンスだからだ。

今作のオープニングも、オーケストラバンドとコーラスの生演奏で、荘厳なメロディーが鳴り響く中、クールな表情で2人が登場。新曲「夢を見れば傷つくこともある」をしっとりと歌い上げていく姿は、まさに圧巻の存在感。

堂本剛のボーカルは、彼自身がまるでひとつの楽器かのように、繊細でクリアに響き渡り、堂本光一は躍動感ある歌声で力強く、見ているものを惹きつけていく。 個性と個性が調和し、絶妙なバランスで溶け込んでいく。そんなハーモニーに包まれながら「生で歌を聞く感動とは、こういうことか」と改めて感じられるのが、KinKi Kidsのコンサートなのだ。

1公演1公演、そして1曲1曲が生き物。その瞬間を切り取ったDVDの映像を見ると、きっと「次は生で!」という気持ちにさせてくれる。

全文は以下にて。

情報源: KinKi Kidsのコンサートは一味違う! パフォーマンスと2人の距離感が心を掴む|Real Sound|リアルサウンド