Hey! Say! JUMP 正統派アイドルから飛躍の時?“バクステ企画”への反響を考察

82

6月24日に発売されるHey!Say!JUMPのニューアルバム『JUMPing CAR』がファンの間で話題になっている。 初回限定盤1、初回限定盤2、通常盤の3種が発売され、それぞれにボーナストラックが収録されるという売り方は、いまどき多いほうではない。

ただし、話題になったのは、Hey!Say!JUMPにとって初特典となる、抽選で全国7会場で計160名を招待する「コンサート&バックステージ」が発表されたため。 といっても、こうした「バクステ」は、これまでジャニーズ内の多数のグループにおいて行われてきた。

たとえば、後輩グループのSexyZoneは、バクステ見学と集合写真撮影、握手、ハイタッチ、頭ポンポンなどを行っているし、先輩でもKAT-TUNは2012年に楽屋裏を見せてもらった後、本人たちに握手などしてもらえるバクステツアーを行っている。V6の場合は、メンバーはいない状態で、舞台裏を案内してもらい、ステージや花道を歩いたり、私物を見せてもらったりという、文字通り「バクステ」だったよう。

また、SMAPも、2010年の「東京ドーム公演バックステージ」招待や、ホテルのランチコース+テーブルごとのメンバーとの写真撮影、ハイタッチ、握手などが行われた「SMAPシークレットパーティ」(13年)などを行っている。

ところが、Hey!Say!JUMPファンの反応は、期待よりも、意外にも悲観的なものが大多数だった。

情報源: Hey! Say! JUMP、正統派アイドルから飛躍の時? “バクステ企画”への反響を考察 – Real Sound|リアルサウンド

海外のトップスターやトップバンドも普通に同様の企画を行ってますけどね。

サッカーの名門バルセロナは、チームと同じ飛行機に同乗してアウェイの試合を見るツアーとかあるし。