ARASHI Anniversary Tour 5×10 8/30

10


すっかり遅くなってしまいましたが、おくればせながら国立の感想を。
ちゃんとしたレポを書きたかったんですが、なにせあの大雨で余裕ナシ!
なので、自己満足な感想になりますがご了承下さい。
夏フェスでは雨が降ってもそれはそれ!って楽しめる人間なので、今回の雨予報にも全く心配なく、準備万端で行ってきました。
なんだけど、降りすぎだよねびっくり
それに、あの座席の狭さはちょっと辛いね冷や汗
当たり前なんだけど、動けないと寒い寒い汗
指先だけじゃなくて手の平まで真っ白にふやけちゃって、合羽の縫い目から雨が滲みてびしょ濡れで、靴の中はちゃぽちゃぽ。
でも、それがどーした!
台風がなんぼのもんじゃいっ!
ってな感じでしたよ。
途中で、何度も「雨に負けるなー!」ってMJが叫ぶんだけど
嵐も嵐ファンも、楽しむならとことん楽しんでやるぜ!ってやる気マンマンup
途中で帰るどころか、雨が酷くなればなるほど増す一体感が半端なくて
土砂降りの中、気合入った完璧なC&Rにどんどんテンションあがりまくり。
嵐とファンのC&Rは、お互いの愛情を伝え合う最高の方法なんだって再確認でできて心から幸せだった。
もうさ、とにかく盛り上げたいんだよね。
嵐はこんな雨の中でも、みんなに楽しんで欲しいって頑張る
で、ファンはこんな雨の中で頑張ってる嵐のために一生懸命盛り上げる。
演出も変更を余儀なくされて、マイクトラブルも続出で、だけどそんなのどーでもいい。
派手な演出なんか無くたって、嵐は雨の中で水しぶきをあげながらガシガシ踊る。
マイク壊れて音が途切れたら、ファンが歌って音を繋いでいく。
湧き上がる歌声に、涙がボロボロでてきて、雨なのか涙なのかわかんねーよ!って。
隣見ると、恥ずかしがりやで、いつも踊ったり歌ったりしない相方が、絞れるほどびしょ濡れのタオルで涙拭きながら大きな声で歌ってた。
なんて言えばいいのか、上手い言葉がみつからないんだけど
嵐のライブって、心があったかくなる。
普段ならこっぱずかしくなるような、こんな事が言いたくなる。
嵐の真っ当さや、全く影の無い純粋な心意気に心が勝手に動いちゃう。
とんでもなく優しくて、熱い空間だった。
あんな大きな箱で7万人もいるのに、皆の気持ちが一つなんだよ?
それってすごいことだなぁって。
そして、メンバーはもう笑うしかないよねって感じで、すっごく楽しそうでした。
嵐はいつも最高にカワイイおバカだけど、こうなると最強にカワイイ大バカになる。
ライブ自体が非日常空間なのに、更にもう一つ乗っかって単純にハイになるっちゃうんだね。
MCの時、しきりにファンの心配をする翔さん
ほんとに不器用なんだけど、すっごく愛情を感じる。
5×10のリリックにどんだけ泣かされたか!
あの曲は翔さんの嵐愛と才能があって具現化できたファンへの最高のラブソングだと思う。
で、今回のソロの衣装がめたくそに可愛い!!ラブ反則やでー!
あんなにマイクの調子が酷いのに、それでも歌をちゃんと聴かせてくれるリーダーのボーカル力に脱帽拍手
うたおにの健太に会えたのも、ちょー嬉しかった!
で、あんな大雨の中で見ても”黒い”冷や汗
とにかく嬉そうにはしゃぎまくってた相葉ちゃん
むしろ雨で良かったじゃん!いい記念になったね!的な笑顔に撃沈ですよラブ
おかげで、すっかりこっちもそう思い込んじゃったもんたらーっ
なのに、あのソロのカッコよさ!これまた反則やでー!
PIKA☆NCHIのアレンジと低音ボーカルが相性グンバツ!
言葉より大切なもの、ギターのイントロだけでテンションMAXup
楽器を弾くにのみは、5割増しに男前ラブ
この曲もアレンジがすっごくカッコいい!
そもそも雨に濡れたにのみは、卑怯なほど愛くるしくて、存在そものが反則だー!
今回のMJのソロは、この日に見たもん勝ちだと思う。
水溜まりの中でステップを踏むと、まるでそれは元々そういう演出だったんじゃないか?ってほど、跳ね上げる水しぶきがキレイだった。
長い手足もといたらーっ、長い腕を活かしたジャズの振りがめたくそカッコ良くて、「きゃー!」じゃなくて「ひょえ~」とか「ひゃぁ~」とか変な声がでちゃったラブ
そして、いつもなら自分だけ祝ってもらう事が多いHappy birthday♪に申し訳なさそうにしてるのに、今回はめっちゃ嬉しい顔してた。
何の衒いもなく、子供みたいに無邪気な顔で笑ってた。
それが、ほんとにほんとに嬉しかったです。
5人の子供の頃の写真がスクリーンに映ってるんだけど
目の前にいる5人は、その子供の頃と同じ顔なの。
ザッツ無邪気。
邪気の欠片も無い、キラキラな笑顔。
変わらない進化@にのみ
私が嵐に出会って8年。
ほんとに嵐は根っこが全然変わってなくて
それはもう、驚くほど変わらなくて
だからこそ、信じ続けることができる。
ファンの思いに沿ってくれているってこと。
気持ちがそこにちゃんとあることを。
大きな通過点である10周年を、沢山の幸せを感じながら迎えることができた。
それが、心から嬉しいです。
たくさんの愛と、優しさをありがとう。
これからも、ずーっとずーっと風を送るよ。
嵐のファンでよかったーラブ