A.B.C-Z、5周年の新曲売り上げがピンチ…… 「10枚買った」と橋本良亮くんもファンに呼びかけ?

63

2月1日に発売されたA.B.C-Zのシングル「Reboot!!!」の売り上げが伸び悩み、ファンから心配の声が出ている。デビュー5周年で“正念場”ともいえる状況だが、3枚目のシングルも苦戦を強いられているようだ。

アクロバティックなパフォーマンスが武器のA.B.C-Zは、2012年2月1日にDVDシングル「Za ABC~5stars~」をリリース。ジャニーズ初の“DVDデビュー”という偉業を達成し、以後も映像作品でグループの魅力を伝えてきた。14年にはファン待望の1stアルバム『from ABC to Z』を発売し、15年9月に待望の初CDシングル「Moonlight walker」を出したものの、初週売り上げは8.0万枚(オリコン調べ)とヒットには至らなかった。

さらに、昨年6月に発売された2ndシングル「Take a “5” Train」は、週間ランキングで初登場3位になり、売り上げは3.4万枚にまでダウン。そして、5周年イヤー第1弾シングルとなる「Reboot!!!」は、初回限定5周年Anniversary盤、初回限定5周年Best盤、通常盤の3種展開で、発売初日のオリコンデイリーランキング(1月31日付)では3.2万枚と、前作を超える勢いを見せているのだが……。

「2日目の2月1日付のランキングだと、人気ロックバンド・UVERworldのシングル『一滴の影響』が前日の2位からランクアップし、1位を獲得しました。同曲は初日に2.2万枚、2日目で約1.1万枚売れたため、2日目の時点で約3.3万枚を記録。一方、A.B.C-Zは2日目にしてデイリー3位に転落し、売り上げも7,630枚と1万台を割ってしまいました。合計枚数では勝っているものの、UVERworldが追い上げたことで、A.B.C-Zファンは焦りを感じているようです」(ジャニーズに詳しい記者)

5周年の記念シングルだけに、ファンは週間ランキングで「1位を獲らせてあげたい」という気持ちが強いのだろう。「今回初めてCDを追加購入した。今回はどうしてもA.B.C-Zに1位を獲らせてあげたいので微力ながら頑張る」「数字は気にしないって思ってたけど、ここで1位を獲っておかないと。A.B.C-Zに1位を捧げるために買う!」と気合十分のファンの声が上がっており、しかし、中には「A.B.C-Zが1位獲れたとしても5人で10万枚超えられなかったら会議もの」と、辛辣な意見も見受けられる。

一方、メンバーも今作にかける思いは特別のようで、メインボーカルである橋本良亮は2月1日に更新した公式携帯サイト・Johnny’s webの連載「Hassy’s Style」にて、「CD10枚買ったでー!」と、ファンに報告していた。

「2月5日には、初回限定5周年Anniversary盤、初回限定5周年Best盤購入者を対象にしたイベント『A.B.C-Z デビュー5周年記念イベント~Reboot!!!』が開催されます。当日、会場のベルサール高田馬場でCD封入のカードをイベント入場券と引き換えると、イベントに1回参加できるとか。メンバー全員の直筆メッセージが入ったスペシャルクリアポスター(A4サイズ)がもらえる“プレゼントお渡し会”だそうで、熱心なファンにとってはうれしい内容でしょう。イベントに参加するためには、事前にCDを買わなければいけません。イベント前の3日には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演しますが、週末にどれだけ売り上げを伸ばせるかが鍵ですね」(同)

情報源: A.B.C-Z、5周年の新曲売り上げがピンチ…… 「10枚買った」とメンバー・橋本良亮もファンに呼びかけ?|サイゾーウーマン