階段落ちー肉体的に座長の気持ちが分かった日。

14

ただいま。 おかえりー。

いやー、やっと体が空きました。

ワールドカップイヤーなんでね。
色々大変す。
それにしても、昨夜のガーナvsウルグアイ戦は傑作でした!!

そんな中、実はわたくし、改めまして、お知らせしたい重大発表があったんですが
それを発表する暇さえなく、今日に至ってしまいました。

もう自分でもビックリです。

なんちゃない事なんですが、私にとっては人生初の経験でしたので
是非皆様(←皆様って誰だろ?)にも応援して頂きたかったのです・・・

実はわたくし、先日、人生初めて、マラソン大会に出場いたしましたのです。

このマラソン嫌いのわたしが!ですよ。

ランニングはかれこれ10年以上してはいるんですが、
せいぜい3~4km程度なんす。

しかも走り出した理由は、ジムに行くお金がないからだったんですよね。
あと、音楽をガンガン聴けるという・・・・

走るといっても、歩くよりちょい早いくらいのスピードなんざますけどね。

まぁ、時間がある時は、走ってたわけですよ。
時間がない時は3ヶ月くらい走れない時もあったりね。

まぁ、その集大成として、いつかマラソン大会に出てみたいなぁ・・・
なんて事を、「東京マラソン」をヒグチくん見るたび、或いは「24時間テレビ」を見るたびに思ってはいたんですがね。

←ちなみにこれは東京マラソンのひとこま。

沿道の応援とか、あーいうのにあこがれるじゃないですかぁ。

でも、ただ走っても、完走できそうにないから、なんか目的を掲げたかったのですよね。

あっ、ちなみにマラソンといっても、ハーフです。
1/2マラソンね。

いきなり、フルなんてね、この年では無理だと思ったんで。

そう、マラソンなんて、高校時代に狭い校庭を走った以来というか、そもそもその高校を選んだ理由のひとつが校庭が狭いから、ゆえにマラソン大会はないだろうというくらい、マラソン嫌いだったわけですよ。

マラソン大会となると、中学時代の全員参加のマラソン大会以来なワケですよ。
それでも、ハーフは走りませんでしたからね。

しかし、ハーフ=21km

そんな距離を走りきる事ができるやろか?とめっちゃ不安だったんです。

しかも、その2週間前に私は、とんでもない事をやっちゃったわけですよ。

とある有名高級ブランド店のピッカピカの大理石の階段をですよ

別にSHOCKで座長を務めているわけでもないのに・・・・

両手放しで、ケツだけで降りるというウルトラCをかまし

左のオケツがあざだらけになるという

誰にも褒められない大偉業を成し遂げてしまったのですよ。

もうね、一瞬何が起きたのか分かりませんでした。

気づいたときは、

体が仰向けにひっくり返って、天井を見つめていたのです。

慣れない高級ブランド店に入って、場違いからの緊張と
目が悪いのにメガネをしていなかったのがあいまって・・・・

アニメのキャラみたいに見事にひっくり返ったかと思います。

別に買い物しに入ったわけじゃないんですよ。
ちょっと野暮用があっただけなんですよ。

しかしさ、私がもんどりうってすっ倒れてるってのに、誰も助けに来ないって
どういう店?????

訴えたいぜ、あの店。

もうぜってい、2度と行くもんか!!!!

と、いきがっても、どのみち2度と訪れることはないでしょう。

まぁ、とにかくそんなコンディションだったわけですよ。

しかも、それだけじゃないんです。

その翌週!

友人で集まって、皆でピクニックしよう!!という事になり、
都内の公園でピクニックしたんですけど、

最初はみんなご機嫌に遊んでたんですが、知り合いの子が、ひょんな事から泣き出し、収拾がつかなくなってしまったので、おせっかいな私がその子を水辺に連れて行って、飛び石みないなとこを二人でピョンピョン超えて遊ぼうかって事になって、私が彼女の手を引いてピョンピョンしてた
んですよ。

そうしている内に彼女もご機嫌も取り直し、イイ感じになった時、最後の石に私が足をかけた途端、見事その足がつるんと滑り、彼女もろともスッテンコロリンと水の中

彼女が再び泣き喚いたのは言うまでもなく、

私はおかげさまでこの事故により、右のオケツをしたたかに打つという・・・・・・

そんな満身創痍の状態で迎えたマラソン大会だったわけですよ。

ちなみに、わしが初めて走るマラソンなんだから、
出るなら、これだろって

ロックンロールマラソンバナー『ロックン・ロール・マラソン』と申します。

数キロごとにバンドが沿道で演奏して応援してくれるんですよ。
すごいでしょ。

iPod要らないでしょって感じです。

つづく。

JUGEMテーマ:ジャニーズ