錦戸亮くん、2018年公開作で初サスペンス挑戦 吉田大八監督『羊の木』 

51

関ジャニ∞の錦戸亮が2018年公開の吉田大八監督最新作『羊の木』に主演することがわかった。撮影は10月から開始され、錦戸の映画主演は『抱きしめたい-真実の物語-』(2014年/塩田明彦監督)以来、約2年半ぶり。『桐島、部活やめるってよ』(12)『紙の月』(14)などで日本アカデミー賞監督賞を受賞した吉田監督作品には初参加、サスペンス作品にも初挑戦となる。

殺人などの凶悪犯罪に手を染めた元受刑者たちを受入れた港町で起こる数々の事件、住民と元受刑者の不協和音、そして人間が本来的に犯罪者に感じる生理感覚を描いた、山上たつひこ氏原作・いがらしみきお氏作画のコミック『羊の木』(講談社イブニングKC刊)を大胆にアレンジ。2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した問題作を、全く新しいエンディングで描くヒューマンエンターテインメント作品となっている。

錦戸が演じるのはさびれた港町・魚深市(うおぶかし)で犯罪者の受入担当となった、ごく普通の市役所職員・月末一(つきすえはじめ)。「とても楽しみ(?)というか、ソワソワしています。監督をはじめとして、キャストの方も初めてご一緒する方々ばかりなので、一癖も二癖もある共演者に『月末』として精一杯翻弄されたいと思います」と意気込みをコメント。

全文は以下にて

情報源: 関ジャニ・錦戸、2018年公開作で初サスペンス挑戦 吉田大八監督『羊の木』 | ORICON STYLE