銭ゲバ②

10

さて、もはや誰も楽しみにしていないであろう「銭ゲバ」のレビューですがたらーっ(苦笑)強引に進めさせて頂きたいと思いますグー
一見、派遣ギリだの不景気だのというテーマが、時代にマッチしているようなんですが、どっこい逆行しているようにしか思えないんですよね~ムニョムニョ
タッキーが「太陽の季節」をリメイクした時よりも、尚一層のありえない感があるもののショック、また、それがこのドラマの存在価値のようにも思われ・・・パクッ、どっちにしても土9で放送ってのは無理があったかもふぅ~ん
ただね、松ケンの演技には引き込まれてしまうんですよねラブ
もう、風太郎が乗り移ってるから、痛みとか悲しい怒りとか怒り同じように感じてしまったりしてポッ(恥)。
「ボクは貧しいですから・・・」とか、言うのかな~今どきノーノー
もっと、違う、別の自然な口頭表現がありそうだけど、極めて卑下した言い回しを敢えて狙っているのかもしれませんね。
でも、いちいち右目と左目を交互に抜く画づらは、バカのひとつ覚えで押し付けがましい撃沈down
右と左で風太郎の善悪みたいなものを演じ分けているんだろうとは推察しますが、そこまで、視聴者にガイドしてやんなきゃなんないほど分かりにくい演技はしてないと思うんですけど~!!
現にカメラを引いた時の方が、ずっといい表情してたりするからねときめき
三國家のお住まいが「ネバーランド」の松籟館だったりして、ケンケン繋がりだな~なんてイヒヒ(笑)。
風太郎の(多分)貧乏ったらしい服装でさえ、なぜか松山ケンイチだとさらりと、古着風に”着こなし”てしまってニコニコ、ルックスからは余り悲壮感がないのもどうしたものかと困惑。あれじゃ誰にも心を開かなかった茜ちゃんがあっさりフォーリンラブラブラブする気持もわかるもの(おばちゃんなんてな、心だけじゃなくて、もっと色んなとこまで開いちゃうぞ・・・なんちって)。
クルーネックの白い胸元や、茜ちゃんの顔をつかむ指が異常なまでに美しいので、ドッキンラブドッキンラブしっぱなし
まぁ、冗談はさておき、余りにも地を這うように悲惨なストーリーなのでポロリ、彼が今後何人の人を殺してしまうのか想像するだけで辛いしょんぼり
果たしてこれを見たいと思う視聴者がどれだけいるのかな?って。
「魔王」もそうでしたが、銭ゲバの方が”狂気”を感じます。
人を殺して銃お金お金を手に入れても満たされないのにね。
お金=愛ではないですからね。
確かにお金は必要なものだし、お金がなきゃ「愛」なんて感じてる余裕はないけど。でも、”誰かに愛されている人”を殺すのは罪深過ぎる撃沈
でも、その負のエネルギーこそが風太郎を生かしているんでしょうね。
父親に偶然出会った後で、ひどく落ち込む彼が穴埋めとして金を抱く姿は何とも痛ましい汗
では、また来週凧