見てはいけないものを見てしまったような感じ!? KinKi Kidsのツアーパンフがエロすぎる?!

276

今年でデビュー20周年を迎えたKinKi Kidsが、全国7カ所をまわるアリーナツアー『We are KinKi Kids Live Tour 2016 ~TSUYOSHI & KOICHI~』を9月29日~11月2日に開催する。9月28日には、初日の会場である日本武道館でコンサートグッズのプレ販売が行われたのだが、ファンたちが口々に「なんかエロい……」とつぶやく事態が発生している。

パンフレットやスポーツタオルなど、コンサートグッズの定番商品が並ぶ中、やはり外せないのがペンライト。今年のジャニーズコンサートで発売されたペンライトは、どれも個性的で“トンチキ”な形をしていると度々話題になっていたが、KinKi Kidsはやはり王道を行くシンプルなデザインに。デビュー20周年を記念して立ち上がったオフィシャルサイトにも使用されている、赤と青の「K」と「20」が絡み合うようなロゴマークがモチーフで、赤と青の2色に発光する。  このロゴマークはショッピングバッグにも刺繍されており、高級感のある大人っぽいデザインに仕上がっている。

そしてファンが最も注目したのは、パンフレットの表紙とTシャツに使用されている、「2人の手が絡み合う写真」。堂本光一、堂本剛と思われる手にゴツめの指輪とブレスレットが着けられ、2人の両手が複雑に絡み合うデザインだ。どちらもモノトーンで撮影され、クールな印象に仕上がっている。

そんな写真なのだが、ファンからは「パンフレット見たけど、KinKiさんエロい……色っぽいと言うかなんと言うか……!」「キンキコンのツアーパンフが芸術的にエロい」「2人の手が絡み合ってるだけなのに、妙に艶かしい。なんか見てはいけないものを見てしまったかのような気分(笑)」と大好評。

全文は以下にて。

情報源: 見てはいけないものを見てしまったような感じ!? KinKi Kidsのツアーパンフがエロすぎる……!|ジャニーズ研究会