羽生結弦選手がインフルで欠場 全日本“主役不在”でフジ悲鳴

60

落胆の大きさはメガトン級だ。 22日に開幕する全日本フィギュアスケート選手権(大阪)。主役はもちろん、先日のグランプリファイナル(仏・マルセイユ)で、史上初のシングル4連覇を達成した羽生結弦(22)――のはずだったが、開幕前夜の昨21日、主催のスケート連盟から羽生の欠場が突如発表されたのである。理由はインフルエンザの感染だ。

この一報に仰天したのは、チケットを持っているファン(当日券はなし)と、大会をテレビ中継するフジテレビだろう。 フジは今年も地上波、衛星波BS・CS放送に加え、SNS・インターネットメディアで中継、配信すると、派手な前宣伝もやっていた。

昨年の大会は、休養から復帰した浅田真央(26)に注目が集まり、女子シングルのフリーが中継された12月27日の平均視聴率(関東地区=ビデオリサーチ調べ)は20.6%と高い数字を記録。真央の得点が発表された瞬間視聴率は最高の28.8%だった。

男子フリーが行われる24日は、昨年並みの数字が期待されていたが、主役のいない大会では10%に届かないかもしれない。視聴率低迷に喘ぐフジにとっては、予想もしていなかった凶報となった。

全文は以下にて。

情報源: 羽生結弦がインフルで欠場…全日本“主役不在”でフジ悲鳴 (日刊ゲンダイDIGITAL) – Yahoo!ニュース