結局“SMAP待ち”になった紅白の目玉

39

大晦日の「第67回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が24日、東京・渋谷の同局で発表され、出場組数は、昨年から6組減って紅白23組ずつの計46組。初出場はKinKi Kids、大竹しのぶら10組となったが、大方の予想通り、白組にSMAPの名前はなかった。

各スポーツ紙によると、同番組の矢島良チーフ・プロデューサー(CP)は出演交渉の進捗状況について、「オファーはさせていただいているが、現段階では出演していただけるとも、いただけないともお返事はいただけていない」と説明。それでも、「最後の最後までお願いを続けたい。企画かどうかも含めて、全員が納得できる形を考えていきたい」とギリギリまでの交渉継続を明言したという。

現段階ではフジテレビ系「SMAP×SMAP」の最終回とみられる12月26日が、5人での最後の出演となることが有力。一部スポーツ紙によると、フジはSMAPに“有終の美”を飾らせるためか、同日の午後6時30分以降の全時間帯を「調整枠」としており、さらには、12月31日の午後にも約4時間の「調整枠」を残しているというのだ。

「どう考えても、フジの方がSMAPとの関係が深く、さすがにジャニーズ事務所もそのあたりのスジを通すのでは。NHKはジャニーズ側の要求を受け入れ、“SMAP枠”にKinKi Kidsをそのまま押し込んだ。とはいえ、目玉になるような歌手を用意できなかったから、交渉の結果で見込みがなさそうでも、SMAPの出演を“エサ”にマスコミの関心を引きつけるぐらいしかできない」(芸能記者)

全文は以下にて。

情報源: 結局“SMAP待ち”になった紅白の目玉 (リアルライブ) – Yahoo!ニュース