紅白の瞬間最高は有村架純さんが戸惑ったあのシーン

26

昨年大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」の第2部(午後9時~同11時45分)の関東地区の瞬間最高視聴率が44・8%で、紅組優勝が決まった瞬間だったことが4日、ビデオリサーチの調べで分かった。

分ごとの最高視聴率をマークしたのは午後11時42分からの1分間。結果発表で白組が視聴者審査と会場審査でリードしながら、最終的に紅組の優勝が決まり、司会の有村架純が「えっ、えっ」と戸惑いながら「びっくりしました。てっきり白組が勝つかと思っていたので」とゲスト審査員の草刈正雄から優勝旗を受け取る場面だった。

第2部(午後9時~同11時45分)の関東地区の平均視聴率は40・2%(関西地区39・5%)、第1部は35・1%(関西地区34・0%)でともに前年を上回っていた。

全文は以下にて。
情報源: 紅白の瞬間最高は有村架純が戸惑ったあのシーン – 芸能 : 日刊スポーツ