稲垣吾郎くん、草なぎ剛くん、香取慎吾くんがジャニーズ退所日迎え聖地巡礼に「花」購買運動で示すファンの愛

22

9月8日、元SMAPメンバー・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が20年以上在籍したジャニーズ事務所を退所する。翌9日にはSMAPのCDデビュー記念日が控える中、多くのSMAPファンから「いよいよ事務所退所。新世界が拓けますように」「自由に羽ばたいてほしい」と前向きな声が上がっている。

契約満了日となる8日をもって、ジャニーズでの活動を終える3人。翌日は1991年のデビューシングル「Can’t Stop!! -LOVING」の発売日で、SMAPの「26周年記念日」となる。現在、その記念日や3人の新たな門出、SMAPへの止まらぬ愛を形にするためにも、ファンの間では2003年発売のシングル「世界に一つだけの花」の購買運動が再び盛り上がりを見せているという。同曲は昨年の解散騒動によって売り上げが上昇し、トリプルミリオンを達成。今年に入ってからも、メンバーの誕生日などで定期的に購買運動が実施され、セールスを伸ばし続けている。

「CDショップ・タワーレコードの一部店舗では、SMAPの商品を購入した人に“限定レシート”を発行しており、この効果もあってファンがCDを買い求めているようです。デザインは複数あり、『SMAP 26YERS』『タワーレコードはこれからもSMAPの5(6)人を応援してます☆』といったメッセージとともに、5人のイラストや立ち姿のシルエットが印刷されています。9月4・5日付のオリコンデイリーシングルランキングでは両日とも23位に入り、6日付で19位に上昇。週間ランキングで50位以内に食い込む勢いです」(ジャニーズに詳しい記者)

SMAPファンの団結力は解散後も衰えることなく、昨年のデビュー日にファンからの祝福コメントがあふれた東京新聞朝刊の個人広告欄「TOKTOK」(現在は「T-Voice!」)は、7日頃からSMAPに関するメッセージが多く掲載されているという。

また、稲垣のラジオ番組『編集長 稲垣吾郎』(文化放送、8月2日放送)で紹介された東京・浅草のカフェ「SPLENDOR COFFEE」は“聖地”になっているとか。連日、多くのSMAPファンが訪れているといい、9月9日には店内でSMAPの楽曲を流す「All Smapミュージックday」の開催も決定している。

「『おじゃMAP!!』(フジテレビ系、7月28日放送)のロケで香取が訪れた岐阜県・東白川村にも、ファンが“聖地巡礼”の目的で足を運んでいます。特に『白川茶屋』の『つちのこ焼き』は、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で中居正広が扮していたキャラクター・テロテアリーナの形とよく似ていることから、ウェブサイトで取り寄せるファンもいるとか。また、2013年の『SMAP×SMAP SMAPはじめての5人旅スペシャル』(同)で、メンバーが訪れた大阪のお好み焼き屋『かく庄』は、9月2日にTwitterアカウントを開設。ファンからの問い合わせがあるのか、お休みや営業時間に関するお知らせをツイートしています。」(同)

このようにSMAPとファンによる経済効果を表す“スマノミクス”は、3人の退所とデビュー記念日に際して、より活発になっているようだ。

「退所する3人は、06年発売のアルバム『Pop Up!SMAP』の収録曲『paripia!』を歌っていたため、“パリピアトリオ”などと呼ばれていて、3人を応援する『パリピア応援隊★★★★★』というTwitterアカウントも存在します。彼らのレギュラー番組を守るため、テレビやラジオ局に継続願いの署名を送る活動を行っていました。6局(フジ、テレビ朝日、日本テレビ、TBS、文化放送、bayfm)分をまとめた総数は、8万8,523筆だったそうです」(同)

情報源: 元SMAP3人、ジャニーズ退所日迎える|サイゾーウーマン