監査法人めっさオモシロイ

6

ようやく、EURO2008も終わりましてサッカー・・・生活に平静が戻って参りました。
振り返ってみると、今回の大会はベスト8以降も良く点が入る攻撃的な試合が多かったので、観戦者にとっては非常にエキサイティングだったのではないでしょうか!?
攻撃=勝利ですからね!。攻め続けなければ勝てないノーノー。国際大会においては、悲しいかなこの当たり前の戦略が実践できるチームはそうはいませんからね。
相手のミスを誘ってワンチャンスに賭ける「守りのドイツ」は、ファイナルではスペインに完敗でしたねイヒヒ。余りに潔く負けたので、ドイツイレブンもそれほど悔しそうに見えなかったような・・・。
「なんぼなんでも、これじゃ~、オレたち負けんべーよパクッ」と言った感じで。
私の優勝予想はスペインだったんですよグー
これまで、民族間の問題や海外でプレーする選手が多いスペインは”代表としての”結束力や力量に欠ける”と言われていましたが、チャンスがあるなら今年じゃないかな~と。
一気に若返ったこのチームにとって千載一遇のタイミングがこのEURO2008だと思ってたんですチョキ。若いプレイヤーには確執がないし、心臓が強い!。トーレスやイニエスタなどの中心選手たちについては、クラブでのプレーを見る限り、うちのロナウドほど”オレオレプレー”も少ないしたらーっ、チームに徹することができるワーキングだと感じていたんです。でも、今大会の得点王ビジャはファイナルに出れずに気の毒でしたポロリ。これも含めて”サッカーサッカーボール”なんですよね~。
そして、何よりスペインは監督の采配が光っていましたね星
このトーナメントで幾度となくトーレスとグイサを交替させていましたが、これは90分間攻撃し続ける為のベストな判断でしたしグッド、膠着しがちなファイナルマッチが90分で決着が付いたのは彼の采配の賜物ではないでしょうか。
いや~、ドイツ負けて本当に嬉しい。
正直、マンUサポの私にとっては、いつも煮え湯を飲まされていたバラックめ、ざまぁみろ~って感じですよ(笑)。

って、「監査法人」の話はいずこへ・・・??
すいません、脱線し過ぎましたね汗
先週は野球延長野球で録画ミスしてしまいましたが、3話はバッチリ見ましたチョキ楽しい
ストーリーは単純と言えば単純なんですけど、素材の良さで勝負してますよね。しっかりカタルシスもありますしラッキー
役者さんの演技に思わず引き込まれてしまうのですが、塚本くんも決して存在感では負けてないしおはな、来週からはいよいよ阿部サダヲが発進!
・・・くぅ~、楽しみupup