生田斗真くん、ネットの評価は気にしない「良くても悪くても影響はない」

34

『人間失格』での鮮烈な映画主演デビューから5年。『僕等がいた』『脳男』『土竜の唄』など多くの話題作に主演し、多彩な役柄を好演していることで俳優としての高い評価を得ている生田斗真。そんな生田が最新主演作『予告犯』(6月6日公開)では、ネットの動画サイトで犯行を予告し、実行していくダークヒーローを演じ、これまでにないインパクトのある顔を見せている。 同作で演じたのは、“ある目的”を持って、世の中の悪に制裁を加えていく謎のグループ“シンブンシ”のリーダー・ゲイツ。頭から新聞紙をかぶって顔を隠して制裁=犯行を重ねるその姿は、観るものに強烈なインパクトを与える。そんな覆面のダークヒーローを演じた生田は……。

情報源: 生田斗真、ネットの評価は気にしない「良くても悪くても影響はない」 | ORICON STYLE