浅香航大くん「有名な問題児だった」告白で浮上したジャニーズJr.時代の○○な過去

109

ジャニーズJr.で俳優の浅香航大が、6月7日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。中学時代は「学校中で有名なほど問題児だった」と意外な過去を告白したのだが、ネット上では浅香に対する批判コメントが上がるとともに、当時を知るジャニーズファンからも驚きの声が漏れている。

朝の連続テレビ小説『マッサン』(NHK)に出演し、一躍有名になった浅香。朝ドラ効 果で爽やかな印象も強いが、『行列のできる法律相談所』では知られざる“荒れた過去”が明かされた。浅香は9年前の中学時代、学校をサボるのは日常茶飯事 で、登校しても些細なことでケンカをするなど孤立した状態だったという。そんな浅香を変えてくれたのが、クラスの担任だった高田慎先生。正面からぶつかっ てくる先生を毛嫌いして不登校になってしまったが、高田先生は3カ月もの間、浅香の自宅を訪問し続けてくれたそうだ。

「さらに浅香は『学校でかんしゃく玉やロケット花火をやっていた』『4階から先輩に水をバーッとかけた』など当時の“ヤンチャエピソード”を告 白。先生の情熱によって改心したことを明かし、『あの人がいなかったら、僕は更生してないですね』と、スタジオ中が感動的な空気に包まれました。ところ が、その恩師がわざわざ長崎県の離島からスタジオに駆けつけると、『いや~! お前、何してんだよ~!』とスキンヘッドの先生の頭を触ろうとする浅香。 MCの東野幸治は 『(再会で)なに言うかと思ったら、頭はつくって!』と驚き、最後には『(収録)終わりでご飯とか……』と勧められると、それまでしおらしく話していたに もかかわらず『行く!?』と突然タメ口に。東野も浅香の態度に『口のきき方が悪すぎるで! 先生に対して!』と、呆れた様子でした」(芸能ライター)

情報源: 浅香航大、「有名な問題児だった」告白で浮上したジャニーズJr.時代の○○な過去 – サイゾーウーマン

意外な一面ですね!

「マッサン」の英一郎役は本当に素敵でした。英一郎のファンになってしまいました!