泣いたっス。・・・マジ、泣けたっス

8

「零のかなたへ」のことを書かなくっちゃって思って、健ちゃんラヂオが始まる前に来ましたGO!
剛つんは本当に演技の幅が広がったねぇ~。
正直「どうなるんだろ?」って思ってたんだですが、ヤツは本当に器がデカくなった!演じ方に嫌味がないもんね。これからは彼が何にチャレンジしようが安心していられます。大人になったのぅ~ポッ
太一くんの「広島」もそうだけど、なんて悲惨な話なんだろう悲しい。明日があるって素晴らしいって言葉がズシーンと心に響きました。
つまんねぇエロ犯罪やってる野郎とか怒り、ニートくんだか何だかしらんけど、ヤル気もなんもまるっきり感じられないガキどもとか怒り、人押しのけて平気な顔してるババアとか怒りマーク、みんなタイムスリップして特攻隊員の世話してみろってんだ。あんなに前途有望な若者達が死に急ぐのを見送るだけなんて、絶対人生観変わるって!
最後、まさか福元もろとも金太も死んでしまうとは思っていなかったので、号泣してしまいました悲しい。その前にも千穂と福元が対峙するシーンや、グっさんと腹決めて語り合うシーンで、さんざん泣いたんですけどポロリ。死んじゃうなんて悲しすぎる。金太もまた叔父さん同様に死ぬ為にこの世に生を桜受けていたんですね。でも、輪廻の思想では、確か前世で苦労した人は今世では幸せになれるはずなのになしょんぼり
ひとつだけ、すっごく真面目なシーンなのに泣きながら悲しい爆笑楽しいしてしまうという事態に陥ってしまいまして。だって、田代と福元が夜中に自分の命を賭す覚悟を互いに語り合う場面で、効果音にヒグラシの声・・・ちょっ、ちょっと、ヒグラシって山口先輩の得意芸じゃんかーたらーっ。もう、可笑しいやら悲しいやらで、木更津キャッツアイの最終回でぶっさんが死ぬシーンぐらい笑い泣きしてしまって腹の筋肉が痛かったっすモゴモゴ。ついでに、もひとつ言わせて貰えば「福元貴志」って「塚本高史」みたいじゃん、なんてねイヒヒ
そう言えば、随分むかしに母親が九州に旅行飛行機に行ったことがありまして、私は親が不在なのをいいことに、友達を泊まりに来させてドンチャン騒ぎ熱燗魚ビールしてたんですがおばけ、母親が旅行から帰ってきて、まだ帰らないでいた友達と一緒に知覧の特攻隊記念館に行ったお土産話を聞いたんです。話す母親も号泣ポロリ。聞いてる私も号泣ポロリ、おまけに一緒に聞いてた友達も号泣しましてポロリ。いい思い出ですグッド