松本潤くん「99・9」続編か?最終回に最高視聴率

54

嵐・松本潤(32)主演のTBS系ドラマ「99・9-刑事専門弁護士」(日曜午後9時)の最終回(19日放送)が、平均視聴19・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが20日わかった。

「99・9-」は初回を15・5%でスタートし、第2話が最高で19・1%。最終回の20分拡大スペシャルで自己最高タイを記録した。 最終回は、深山大翔弁護士(松本潤)が連続殺人事件の解明に挑む。その事件は、自分の父親の冤罪(えんざい)事件の構図によく似ていた。

KAT-TUNの中丸雄一(32)が嫌疑をかけられた容疑者役で出てきて盛り上げた。

優香と結婚を発表したばかりの青木崇高が良心のある検事役で出演しているのもタイミングがあっていた。ちなみに合間のCMに優香が出る場面もあった。

事件が解決した後、東京地検検事正の大友修一(奥田瑛二)と深山弁護士が対峙(たいじ)する場面がある。大友は深山弁護士の父の冤罪事件の時の検事だった。「僕はあなたの前に立ち続けますよ」という深山弁護士の言葉は、今後のストーリーの続きを予感させた。

全文は以下にて。

情報源: 松本潤「99・9」続編か?最終回に最高19・1% – 芸能 : 日刊スポーツ