松岡昌宏くん、坂本昌行くんの料理上手がすごい「“自分の店を持つこと”が目標」

57

SMAP解散で『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の終了が決まり、人気コーナーの“ビストロSMAP”も終わってしまう。「彼らの料理の腕は本当にスゴいですよ。作る料理は毎回本当においしくて、残った料理をスタッフが奪い合うほどです」(制作会社関係者)

SMAPの料理が見られなくなるのは残念だけど、料理自慢のジャニーズはほかにもいる。TOKIO松岡昌宏とV6坂本昌行だ。まずは松岡クンのこだわり調理道具から。

「『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で水卜麻美アナに“どんな包丁を使っていますか?”と聞かれ、“自分で打ったものを2本使っています”と答えました。まさかの自作発言に驚きの声が上がりましたね」(テレビ局関係者)

『ザ!鉄腕!DASH!!』(日テレ系)メンバーは何でも自分で作るのが基本なのだ。松岡の料理歴は、ジャニーズに入るはるか前に始まった。

「母子家庭で育ったということもあり、初めて料理したのは3歳のとき。小学生になると自分とお母さんの分の弁当を作っていたそうです。地元北海道の漁師に教わったという魚のさばき方はプロ級ですよ」(前出・テレビ局関係者)

嵐の大野が釣り上げた、1メートルを超えるマグロをきれいに解体したことも。「腕を買われて、料理店を出さないか、と誘われたこともあるそうですよ。本人もまんざらではなく、“メニューはもう100種類くらいある!”と豪語していました(笑)」(前出・テレビ局関係者)

全文は以下にて。

情報源: TOKIO松岡昌宏、V6坂本昌行の料理上手がすごい「“自分の店を持つこと”が目標」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する