木村拓哉くん肉声「ごめんなさい」あすスマスマでメンバーと対面

23

年末をもっての解散を発表したSMAPの木村拓哉(43)が22日、休暇のため滞在していた米ハワイから、千葉・成田空港に帰国した。駆けつけた報道陣の質問に応じ「すごく、ごめんなさいという言葉です」とファンへの謝罪などを伝えた。明日24日には、都内のスタジオで行われるフジテレビ系「SMAP×SMAP」(月曜午後10時)の収録で、解散発表後初めてメンバー5人が顔を合わせる。

到着ロビーから出てきた木村は、厳しい表情を見せながらも報道陣に対応した。ファンに対しての気持ちを聞かれ「急な話で驚かせてしまったと思いますし、すごく、ごめんなさいという言葉です」と漏らした。帽子をかぶり、薄いサングラスをしていたが、終始質問者の目を見て、はっきりと答えた。淡々とはしていたが、残念そうな心境も感じさせた。

解散が決まったことは、ハワイで知ったという。メンバーへの思いについて「やっぱりずっと一緒にやってきたメンバーなので、気持ちというか、やってこれたという事実は事実であるので」などと、複雑な心境を口にした。納得しているか聞かれると「ファンの皆さんが一番納得してないと思う」。そして「去年の末から、今回の騒動に至るまで、自分自身は変わっていないので」と言い切った。 木村は今月に入ってから、休暇をとり一家でハワイに滞在していた。この日は1人で帰国。妻で歌手の工藤静香(46)ら家族は、同乗していなかった。関係者によると、グループを取り巻く状況をふまえ、空港で報道陣やファンが待っている可能性があると思った木村が、家族に迷惑をかけないよう気を使って別の便を用意したという。

今年5月以降、SMAPの5人は、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84)と数回、面談した。先月下旬、いったんグループ活動を休業という形で調整に入ったが、今月10日、ハワイに滞在している木村を除く香取慎吾(39)草なぎ剛(42)稲垣吾郎(42)中居正広(44)の4人が、ジャニー氏のもとを訪問。香取と草なぎが「休業ではなく、解散したい」と主張し、稲垣も同調。翌11日の役員協議で解散が正式に決まった。木村は急転直下、滞在先でグループの解散を知った形となった。

明日24日には「SMAP×SMAP」の収録で、解散発表後初めて5人が顔を合わせる。5人全員が出演し、ゲストに料理を振る舞う人気コーナー「ビストロSMAP」の29日放送分を収録する予定で、リオ五輪の柔道男子90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋(21)をゲストに迎える。ただ「メンバーの状態によっては、急きょ収録内容が変わる可能性もあります」と話す関係者もおり、流動的だ。

全文は以下にて

情報源: 木村拓哉「ごめんなさい」あすスマスマで中居ら対面 – ジャニーズ : 日刊スポーツ