木村拓哉くん独占インタビュー 僕はグレーな負けず嫌い テレビ朝日系『アイムホーム』“一人二役”好演中

27

現在放送中のテレビ朝日系「アイムホーム」(木曜午後9時)で“一人二役”を演じているSMAPの木村拓哉(42)。過去の冷徹な男と現在の温厚な男。ど ちらが“仮面”で、どちらが“本当”の自分なのか。ドラマの謎が深まる中、夕刊フジインタビューに応えた木村が、包み隠さず“本当の自分”をさらしてくれ た。

事故でこの5年間の記憶を失った証券マン、家路久(ひさし)。人の痛みに寄り添える心優しい男だが、過去の自分をたどるうち、記憶を失う前の自分は冷徹なエリートだったことが分かってくる。久は、人との絆を取り戻すことができるかというミステリー調のストーリーだ。

記憶を失う前と後で正反対の人物像に、「現場では前の冷徹な久をブラック、今の温厚な久をホワイトと呼んでいます」と説明し、「僕は両方入っているからグレーです」と明かす。

「負けず嫌いな部分は記憶を失う前の久に近いけど、お金には興味ないので、今の久もちょこちょこ入っています」

ドラマでは過去の問題を今の自分が正していく。誰でも身に覚えがありそうな体験を、芸能界の一線に立ち続けるだけに重く受け止めている。

「自分の尻拭いをした経験は結構あります。いろんなお仕事をさせてもらっているので、誰かに迷惑をかけると、1社2社にとどまらず、さらに他の人へも迷惑をかけることになる。一度やったら次はないように気をつけないと。それが自分の責任だと思っています」

情報源: 木村拓哉独占インタビュー 僕はグレーな負けず嫌い テレビ朝日系『アイムホーム』“一人二役”好演中 ZAKZAK