木村拓哉くん主演「A LIFE」最終回に自己最高で有終の美

32

昨年大みそかをもって解散したSMAPの木村拓哉(44)が主演を務めたTBS日曜劇場「A LIFE〜愛しき人〜」(日曜後9・00)の最終回(第10話)が19日に15分拡大で放送され、平均視聴率は16・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。第8話の15・7%を上回り、自己最高をマーク。有終の美を飾った。

16・0%は自己最高とともに、1月スタートの民放連続ドラマ12作品(ゴールデンタイム=午後7〜10時、プライムタイム=午後7〜11時)のうち1位。

第1話=14・2%、第2話=14・7%、第3話=13・9%、第4話=12・3%と推移。第3話、第4話と連続ダウンしたが、第5話=13・9%、第6話=15・3%とV字回復した。第7話=14・5%と微減したものの、第8話=15・7%。第9話はWBC2次ラウンド「日本―オランダ」(テレビ朝日)が裏番組にありながら、14・7%と健闘した。

全文は以下にて。

情報源: キムタク主演「A LIFE」最終回は16・0%!自己最高で有終の美― スポニチ Sponichi Annex 芸能