木村拓哉くんじん帯損傷、監督骨折も「全ての人の情熱」

58

木村拓哉(44)の主演映画「無限の住人」(三池崇史監督、4月29日公開)完成報告会見が15日、都内で行われた。

 06年の山田洋次監督「武士の一分」以来、10年ぶりの時代劇映画への出演となった木村は「こうやって、三池組の一員として皆さんの前に登壇できて、うれしく思います。もう少しで皆さんに手渡せると思うので受け取ってください」とあいさつした。

 木村は三池監督との初タッグについて聞かれ「しゃべる言語は日本語、時代劇、撮影は京都…ザッツ・ジャパニーズなのに、モチベーションの高さが海外の現場にいる錯覚に陥る。自分は出演部として現場にいたんですけど、スタッフのやる気、情熱、絶対に面白いものを作るという1カット、1カットに、いっぱい感動させてもらった」と語った。

 「無限の住人」は「月刊アフタヌーン」(講談社)で1993年6月から2012年12月まで連載された、沙村広明氏が原作の、累計発行部数750万部を突破した人気漫画。木村は「100人斬り」の異名を持ち、謎の老女から不老不死の、無限の肉体を与えられた万次を演じる。

 木村は1人対300人のアクションも自ら演じたが、足場が砂利のところで足を横滑りさせるシーンを演じた際、転び、右膝じん帯を損傷した。当時を振り返り「監督のいろいろな発想、発案にどこまで近づけるかの試みは楽しかった。アクションに参加する方、どのフレームに映り込む、全ての人の情熱があった。撮影中のトラブルで、ちょっと自分がケガしたり、監督が足の骨を折られたりありましたけど、絶対に前に行くモチベーションがあり楽しかった」と言い、笑った。

全部

情報源: 木村拓哉じん帯損傷、監督骨折も「全ての人の情熱」 – 映画 : 日刊スポーツ